掛軸 富田渓仙

掛軸 富田渓仙

富田渓仙

自由闊達な作風で描かれる南画で人気を博した画家、掛軸買取 富田渓仙。独特なタッチと幻想的で独創的な世界観は、一度見たら誰しもがその世界に入り込んでしまう程の、魅力的な作品が特徴です。そんな、富田渓仙は1879年に福岡県の博多市に生まれています。 常にモダンの考えを持ち合わせていた富田渓仙だけに、初め狩野派、四条派に学ぶながらも、それだけでは飽き足ることはありませんでした。京都で学んでいた富田渓仙は、仏画であったり洋画、南画などの新しい世界に心が惹かれて行き、仙厓義梵、富岡鉄斎の独創的な世界観に傾倒をしていきます。自らの芸術の境地に辿り着くために、数々の土地を訪問し、そこで研磨を重ねて行く富田渓仙。転機が訪れるのは、横山大観に認められたことでした。日本美術院同人であったり、帝国美術院の会員に推挙されるなど、日本美術界にも高く貢献を続けていったのです。さて、そんな富田渓仙の作品はとにかく独創的であり、繊細さが特徴です。自然のモチーフを愛していながらも、そのままの描写ではありませんでした。敢えて、形を歪ませていったり、中にはあり得ないようなものを加えていたりと、とにかくその独創性には驚かされるばかりでした。さて、そんな彼のオリジナリティ溢れる作品には、数多くの人々が魅了されており、展覧会なども多く行われています。1932年に生み出された「渓仙筆 享保雛」は、ひな祭りのヒトコマが描かれたような、お内裏様とおひな様の作品です。非常にタイトなフォルムで描かれながら、可愛らしさもある色調で、彼のユニークな人柄がそこから感じられるような、そんな作品のひとつになっています。現在では、 京都国立近代美術館、福岡市美術館、 高島屋史料館などに、富田渓仙の作品が数多く所蔵されています。「宇冶川之巻」に「祇園夜桜」、「万葉春秋」など自然を描いたものも多く、情緒的な郷土愛溢れる作品も多いので必見です。さて、掛軸買取においても、富田渓仙は高く評価をされています。まだまだ、これからも評価が上がって行くことも考えられる、注目の画家の1人なのです。自らの存在感を十分に引き出すことに成功した富田渓仙。彼の世界は、今も尚多くの人々に夢を与え続けているのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ