掛軸 小倉遊亀

小倉遊亀

掛軸画家 小倉遊亀は、1895年に生まれました。女性の日本画家としても非常に有名で、上村松園と並んでよく比較される日本画家です。有名な作品として、「O夫人坐像」や「小女」、「浴女」などがあり、その繊細で女性らしいタッチで評判を呼んでいます。滋賀県大津市に生まれた、小倉遊亀は滋賀県立大津高等女学校に入学し、奈良女子高等師範を卒業しています。そして、その後、国語を教えることになりながらも、絵画への道を目指したくなり、その最中の1920年より、なんと安田靫彦の門を叩き、師事していくことになります。それがキッカケとなり、そこから何と105歳という歳でまで、現役であり続ける大画家となっていくのです。さて、安田靫彦に師事をして基礎から絵画を習って行った小倉遊亀ですが、徐々に才能を見せ始め、ついに1926年に「胡瓜」が院展に入選という快挙を成し遂げる事になるのです。結果的に院展はその後も入選を繰り返す事となり、「椿三題」まで連続的に入選をし続けて行きます。名声も実力も手に入れていった小倉遊亀ですが、ついに1932年には女性として初となる日本美術院同人になります。この事により、日本美術界に衝撃を与えることとなり、より小倉遊亀の名が広く知られて行くことになるのです。その4年後には結婚をし、鎌倉に移住。様々な名作を立て続けに発表しつづけ、現役として精力的に活動をしていきます。さらに、1976年には、日本芸術院会員になり、1978年に文化功労者となるなど、名誉ある賞をいくつも手に入れます。そして、ついに1980年になんと、文化勲章を受章することになるのです。この女性での文化勲章は、上村松園に続く2人目という快挙となり、益々小倉遊亀の名は知られていきます。現在では、滋賀県立美術館に、様々な小倉遊亀の作品が展示されており、その存在感はまだまだ健在です。女性画家としてだけでなく、画家として最高の名誉と実力を兼ね揃えた芸術家。その人こそ、小倉遊亀だったのではないでしょうか。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ