掛軸 小泉智英

掛軸 小泉智英

小泉智英

郷土を愛し続け、色とりどりの四季を描いた掛軸画家、小泉智英。数々の名誉ある賞を受賞しているだけでなく、地元からも非常に愛されている人格者としても有名です。そんな小泉智英は、1944年に福島県の石川町生まれます。絵画の道に興味を持ち合わせていた小泉智英は、横山操に加山又造などの画壇などの生き様に強い影響を受け画家としての道を決意します。上京の後には、多摩美術大学日本画学科に入学をし、一から美術を学んで行きます。元々、奇抜な才能を持ち合わせていた小泉智英は、在学中には創画会の前身であった新制作協会日本画部に出品を続けていました。多摩美術大学日本画学科の卒業後には、そういった画廊に属するというスタイルは止め、個人的な活動を続けて行くことになります。元々、個性が強かったこともあり、その選択は功を奏します。自分で資生堂ギャラリーを借入れて初個展を開催しており、屏風への大作を制作し発表するという、大胆なデビューを飾っているのです。しかし、個性が強いとは言いながらも、その作品には繊細と写実が絶妙に融合した美しい作品が多いのも特徴です。「朝寒」では、冬の朝の雲谷を絶妙に表現し、田と木々の構図がより寒さを際立てています。どこか、悲しげでありながらも、郷土愛を感じさせる秀作です。そして、「秋光」はより鮮明に秋の紅葉が描かれています。画面一杯に落ち葉を散らし、さらには美しく色付けされた葉とのバランス感が素晴らしいのです。勿論、タイトルの通りさりげない木漏れ日も描かれており、不思議と懐かしく心が休まるような、そんな素晴らしい作品になっています。郷土を愛していた小泉智英は、地元をモチーフにした作品も多く手掛けています。掛軸買取においても、小泉智英の作品は非常に人気があり、数多くのファンも持ち合わせる数少ない人気画家です。彼の歩む道は一見、破天荒のようにも感じさせますが、その奥には優しさと、本物を濁りない心で描き続けたいという、芸術家としての誇りを感じさせる理由なのかもしれません。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ