掛軸 尾形光琳

掛軸 尾形光琳

尾形光琳

京都や江戸を中心に、17世紀から18世紀に活躍を見せた画家、掛軸買取 尾形光琳。伝統的な琳派を描き、その優雅で繊細な表現の絵画は、今でも多くの支持者を集めてる秀作ばかりです。さて、そんな尾形光琳なのですが、1658年に京都の呉服商の実家に生まれます。当主の息子ということで、かなり恵まれた裕福な環境で育っていったと言われています。おかげで、能楽であったり、茶道に書道など様々な芸術を身近に触れることができ、未来の尾形光琳を作り上げていった大切な時期でもありました。さて、そんな尾形光琳なのですが、30歳の時分に父親が高いします。40代までは、その父親が残す財産で散々放蕩の限りを尽くすことになるのです。しかし、これには諸説あるために確かではありません。尾形光琳の画家としての活動が始るのが、30代前半です。しかし、この頃には細かい作品などは残されていることは無く、結果的に44歳という遅咲きではありますが、この時から活動を続けていくことになるのです。当時を代表する画家であった俵屋宗達がいますが、直接関係は無くとも、尾形光琳は多くの模写を残しており、強い影響を受けていったことも知られています。尾形光琳の作品は、優美である典雅。まさに、日本を代表する画家としての技術を持ち合わせていました。狩野派が、当時最大の画風としてもてはやされていましたが、その評価をも覆さんとする尾形光琳の作品は、装飾的で革新に満ちた新しい作品だったのです。さて、この尾形光琳なのですが、屏風絵などが有名です。その他にも、香包や扇面、団扇、小袖に蒔絵など数々の作品を描きだします。晩年に迫ってくる頃には、水墨画にも興味を示し、味わいのある典雅な作品を数多く生み出していったのです。放蕩を尽くしたと言われながらも、国内の画家の中でトップクラスの作品を描き続けた尾形光琳。掛軸買取においても、その作品は非常に高価買取となり、現在でも高い人気を誇り続けています。尾形光琳の生み出した芸術。これこそ、日本を豊かにする文化の宝だったのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ