掛軸 尾形光琳

尾形光琳

京都や江戸を中心に、17世紀から18世紀に活躍を見せた画家、掛軸買取 尾形光琳。伝統的な琳派を描き、その優雅で繊細な表現の絵画は、今でも多くの支持者を集めてる秀作ばかりです。さて、そんな尾形光琳なのですが、1658年に京都の呉服商の実家に生まれます。当主の息子ということで、かなり恵まれた裕福な環境で育っていったと言われています。おかげで、能楽であったり、茶道に書道など様々な芸術を身近に触れることができ、未来の尾形光琳を作り上げていった大切な時期でもありました。さて、そんな尾形光琳なのですが、30歳の時分に父親が高いします。40代までは、その父親が残す財産で散々放蕩の限りを尽くすことになるのです。しかし、これには諸説あるために確かではありません。尾形光琳の画家としての活動が始るのが、30代前半です。しかし、この頃には細かい作品などは残されていることは無く、結果的に44歳という遅咲きではありますが、この時から活動を続けていくことになるのです。当時を代表する画家であった俵屋宗達がいますが、直接関係は無くとも、尾形光琳は多くの模写を残しており、強い影響を受けていったことも知られています。尾形光琳の作品は、優美である典雅。まさに、日本を代表する画家としての技術を持ち合わせていました。狩野派が、当時最大の画風としてもてはやされていましたが、その評価をも覆さんとする尾形光琳の作品は、装飾的で革新に満ちた新しい作品だったのです。さて、この尾形光琳なのですが、屏風絵などが有名です。その他にも、香包や扇面、団扇、小袖に蒔絵など数々の作品を描きだします。晩年に迫ってくる頃には、水墨画にも興味を示し、味わいのある典雅な作品を数多く生み出していったのです。放蕩を尽くしたと言われながらも、国内の画家の中でトップクラスの作品を描き続けた尾形光琳。掛軸買取においても、その作品は非常に高価買取となり、現在でも高い人気を誇り続けています。尾形光琳の生み出した芸術。これこそ、日本を豊かにする文化の宝だったのです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ