掛軸 山口華楊

掛軸 山口華楊

山口華楊

高い写実力を基本に、物や鳥、樹、花などを描き続けた日本を代表する画家、掛軸買取 山口華楊。数々の秀作を描き続け、京都市文化功労者や文化勲章を受賞する日本画家の最重要人物です。1899年に京都市中京区油小路錦に生まれた山口華楊は、友禅の職人をする家系の二男でした。家系の関係で、芸術的なセンスなどはもとより備わっており、幼少の頃より粘土や筆などで動物を作ったり写生したりするといった、もの作りに長けていたと言われています。芸術をこよなく愛した山口華楊は、格致尋常小学校を卒業した後には、西村五雲に師事をすることになります。この西村五雲は、動物画に非常に定評がある画家であり、山口華楊の進むべき道を変化させた大きな人物となります。しかし、病弱でもあった師の関係で、長く教え続けることが困難と察し、師の勧めにより京都市立絵画専門学校に入学をします。そこでは、様々な絵画の基礎を学び続けることとなり、才能を伸ばして行くことになったのです。動物画をこよなく愛し続けていた山口華楊は、その才能を既に入学当時から発揮します。第10回文展に初入選を果たすこととなり、周囲を驚かせます。さらに、2年連続帝展で特選に入賞するなど、名実共に山口華楊を美術界に知らしめて行きました。さて、そんな山口華楊なのですが、四条派の写生に長けており、西洋美術に近代的な西洋画などを融合させた独特の作風が注目されていました。時代に合った、新し花鳥図を生み出します。さらに、彼の定番でもある動物画には特に深い思いが込められており、愛らしく、写実的で優雅な印象さえ与えてくれます。京都市立美術専門学校では、教鞭を振るったり、研究団体晨鳥社を結成し、美術界への貢献を広くし続けたことでも知られます。1977年に発表された「秋晴」など、黒猫と紅葉した葉の見事なコントラストと写生力で、一目で心が奪われる秀作です。掛軸買取においても、山口華楊の動物画には非常に高価な価格がつけられ、未だ人気を博し続けています。幼少の頃より絵画の道を志、大家へとなっていった山口華楊。自らの信じる道を歩み続けられた、数少ない幸せな画家の1人だったのではないでしょうか。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ