掛軸 山岸純

掛軸 山岸純

山岸純

自然の風景をモチーフに、秀作を生み続けた画家が、掛軸買取 山岸純です。1930年に京都市に生まれた山岸純は、青年期に絵画で生計を立てて行くことを決意し、そのまま京都市にある京都市立美術大学日本画専攻科に入学を果たします。絵画の基礎を学び続けていった山岸純は、京都市立美術大学日本画専攻科を卒業した後に、より研鑽を積んで行くために徳岡神泉に師事をします。より深く、絵画を世界を知ることとなる山岸純は、様々な展覧会に出品を続けていきます。そして、第11回帝展で初入選を果たすこととなります。プロとしての絵画生活が始った山岸純は、この入選を皮切りに、数々の賞を受賞していくこととなります。日展を中心に活躍を続けていったこともあり、1961年に行われた日展においては、白寿賞を受賞するほどの腕前となりました。優しくも、どこか悲しげなその独特のタッチ。風景をモチーフとした作品は、雄大な山々などの壮大なものでは無く、日常生活で誰もが感じ取ることのできる、小さな幸せや印象を描き出していきました。日本画の持つ優美さも持ち合わせていながら、洋画に代表されるような近代的な作風は、多くの人々を魅了し続けていったのです。さて、現役の画家としても活躍をしていた山岸純なのですが、美術界の発展にも貢献をしています。京都市立美大助教授として教鞭を振るうだけでなく、日展評議員も選出。数々の有名画家を輩出していきます。もちろん、その実力は衰えることは無く、1975年には、日展文部大臣賞を受賞。さらには、京都府文化賞受賞など素晴らしい功績を残しているのです。山岸純の穏やかで優しい人柄が醸し出す、人懐っこい郷愁を誘う作品には、未だに多くの人々が魅了され続けているのです。掛軸買取においても、山岸純の作品は高価買取で多く取引されています。これからも、価格は上がって行くことが予想されているでしょう。日常の当たり前を切り取り、その世界観を作品として生み出すことができた山岸純。彼の残した業績こそ、大きな価値があったのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ