【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 山川秀峰

山川秀峰

美人画を描く浮世絵を得意とし、独特な筆遣いで高い評価を得てきた画家が掛軸買取 山川秀峰です。木版画になった「舞踊シリーズ」などが広く知られており、美しい日本的な美意識を伝えていった人物のひとりです。山川秀峰は、1898年に京都に生まれます。画家を志した山川秀峰は、はじめは、鏑木清方に池上秀畝の2人に師事をしていきます。秀畝には花鳥画を習い、清方には美人画を学ぶこととなり、多くの角度から日本画の技法を学んでいきました。早期にこの才能は開花されており、1928年の第9回帝展に出品した「安倍野」で見事初入選を果たしています。この時には、特選を受賞しており美術界にその名を轟かせました。さて、その入選をキッカケとして様々な賞を受賞していくこととなるのですが、その世界観が発揮されたのが第11回帝展の時です。「大谷武子姫」は見事入選するのですが、その当時の美人画の中でも取り分けモダンな、山川秀峰だからこそ得ることのできる世界を築き上げることに成功したのです。繊細なだけでなく、独特な筆遣いは、日本美人をより美しくしなやかに表現する新しい方法でした。当時、浮世絵の美人画師として名声を手に入れた山川秀峰だけに、伊東深水、寺島紫明と一緒に清方門下三羽烏というように評価をされていったのです。また、絵画を描くことだけでなく、版画にも情熱を注ぐこととなります。昭和の初期の頃には、渡辺版画店であったり美術社などから新版画の美人画を発表していることも広く知られています。版画の作品の中でも「さらし女」などは、現在でも非常に知る人が多く、山川秀峰を代表することになる一作としても知られているのです。また、代表作としては「赤い襟」や「東京駅」、「信濃路の女」などの美人画があり、現在でも多くの人々より愛され続けています。掛軸買取においても、山川秀峰の美人画は評価が高く、高価買取となります。時代の美人画名人と謳われ、恥じない作品を輩出しつづけた山川秀峰。彼の功績こそ、今の日本画における重要な位置を占めているのではないでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談