掛軸 山本丘人

山本丘人

近代洋画の技法を取り入れ、洗練された構築的な作品を描き続けた画家、掛軸買取 山本丘人。海や山などの風景を斬新な切り口で描き、数多くの秀作を生み出した日本画壇を代表する一人として知られています。1900年に東京市東麻布に生まれた山本丘人は、幼少の頃より絵画に興味を示し、広瀬東畝・篠田柏邦に日本画をまなびます。府立三中、府立工芸を卒業後は東京美術学校に入学をしています。東京美術学校で研鑽を積むだけでなく、より日本画を深く学ぶために松岡映丘に師事をしています。日本画の基礎だけでは無く、様々な技法を融合するような新しい画風を学び、後の作品の礎として技術を習得していきました。卒業後は、画家としてデビューを果たすべく日々研鑽を続け、28歳の時についに帝展に 初入選を果たします。そして、その2年後の30歳の時に、山本丘人という雅号で活動を始めることとなるのです。常に斬新でありながらもモダンな作風を心掛けていた山本丘人は、多くの秀作を生み出していきます。批判も受けながらも、自らの芸術を貫く姿勢に支持が集まり、結果的に同士と創造美術協会を結成するまでに至ります。近代洋画が持ち合わせている、独特な造形美や感覚的である画法を取り入れ、新しい息吹を与えたのです。さて、画家としても活躍をしていった山本丘人なのですが、後進の発展にも大きく貢献しています。1947年からは女子美術専門学校の教授に就任します。人柄からか、数多くの後進が彼を慕い、優秀な生徒を輩出していきます。そして、創作活動の方も1984年まで、精力的に継続。2年後に没していますが、常に美術に染まった、幸せな日々を送って行ったのです。現在では、様々な美術館に山本丘人の作品が収蔵されています。静岡県には山本丘人記念館もあり、多くの人々の心に深くその存在が刻み込まれています。掛軸買取においても、山本丘人の作品には高い価格がつけられます。数々の秀作を生み出し続け、美術界へ貢献をしていった山本丘人。日本画の持つ可能性を、我々に教えてくれた重要な人物だったのです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ