掛軸 山本倉丘

山本倉丘

日展や新日展などで活躍をし続け、昭和期の日本美術界に大きな功績を残した画家が、掛軸買取 山本倉丘です。子息には、山本知克氏がいることでも知られており、日本画を愛する人々の中では、非常に重要人物であるということで知られています。1893年に高知県に産まれた山本倉丘は、小学校を卒業した後には市内の呉服店に働きに出ます。忙しい毎日を送りながらも、絵画への熱い情熱を持ち続けており、独学でありながら様々な作品を描き続けていきました。日々、絵画への深い情熱が燃え続けいた山本倉丘。何と生活を捨てて、上京を決意することにしたのです。京都画壇の最重要人物とされている山本春挙の経営する画塾早苗会へ入門を決意したことで、彼の人生が大きく変化をしていきます。今まで独学で学び続けていた山本倉丘だけに、目の前で起こる第一線の画家の手さばきや作品の美しさに感動します。そして、より基礎を固めることを決意し京都市立絵画専門学校に入学をします。より、研鑽を続けていった山本倉丘はついに、第7回帝展において初入選を果たすこととなります。この入選をキッカケに数多くの賞へと入選を続けることとなります。戦前においては、帝展での活躍が目覚ましく、第14回帝展においては、特選を受賞するほどの実力となっていました。その後、堂本印象の主催する東丘会へと入塾をすることとなり、より研鑽を積むこととなります。戦後になってからは、活躍の場所を帝展から日展へと移します。日展においても、その類い稀なる独特の画風と伝統的な日本画を掛け合わせた秀作で、数々の賞を受賞していきます。新日展においては、日本芸術院賞を受賞することになるなど、当時の京都画壇の中でも一、二を争う活躍を見せていたのです。掛軸買取においても、山本倉丘の作品は高価買取で取引されています。繊細に描かれる日本美は、現在にいたっても支持される素晴らしい作品なのです。品格のある伝統的な日本画を生み出し続け、昭和を代表する日本画家へと成長した山本倉丘。彼の残した功績は永年に日本の宝として語り継がれて行くことでしょう。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ