掛軸 山田介堂

掛軸 山田介堂

山田介堂

片目を失明しながらも、その美しい筆さばきで多くの作品を残した大画家が、掛軸買取 山田介堂です。池田桂仙や田近竹邨とともに、京都南画壇の三元老という称号を得ており、その幽玄的な独特な世界観は唯一無比の作風として現在でも高く評価され続けています。さて、1869年に生まれた山田介堂は、福井県の丸岡出身です。幼少の頃より絵画への興味を持ち合わせており、独学で様々な作品を描き続けていきました。そんなキッカケもあったのか、長崎の南画家であった王延章に師事をします。絵画の基礎をここで深く学び続け、より日本画への情熱を燃やし続けることになりました。本格的に絵画への道へ進もうと心に決心をした山田介堂。王延章への師事を終わると共に、京都へ上京をしていきます。細谷玄斎に師事をしていますが、後に死去。当時、日本画の重鎮と謳われていた富岡鉄斎など、名立たる画家に師事したかったのですが、断られます。しかし、その情熱を汲んだ京都鳩居堂主人の紹介によって、門下同等の教えを乞うこととなりました。それであっても基礎だけでなく、応用としても広く研鑽を積み重ねていった山田介堂。新しい美術を作り続けて行くために、日々研鑽を重ねていったのです。青緑山水という、代赭に群青を使って描く画法を手に入れ、独自の世界観を実現することとなります。掛軸から様々な作品を残していき、その名は大きく美術界へと広まりを見せていくこととなります。後には、日本南画院を結成することとなり、より広く日本美術界へ、新しい南画を発表し続けることを目的とした活動を広げて行くのです。さて、南画で有名であった山田介堂なのですが、一方では文人画家としての評価も非常に高かったことが知られています。詩や文などが記載された作品を多く手掛け、結果的に多くの人々から支持を集めていくこととなったのです。掛軸買取に関しても、この山田介堂の作品は高値で買取されています。南画の新しい未来を築きあげ、名声を我がものにしていった山田介堂。彼の目指した芸術は、これからも語り継がれて行くことでしょう。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ