掛軸 岡信孝

掛軸 岡信孝

岡信孝

掛軸 岡信孝は、1932年に生まれた日本画家です。花鳥図を中心に描く事でもしられる岡信孝の画風は、繊細で鮮やかであり、生命力に満ちた素晴らしいものであると高く評価されています。岡信孝は、祖父に日本画家の重鎮である川端龍子を持ちます。祖父の影響もあり、自然と画家の道で生計を建てて行く、という心持ちの元生活を営んで行きます。岡信孝が本気で画家として取り組みたい、という姿勢を評価した川端龍子は、青龍社研究を推薦します。結果的に、青龍社研究に入り絵画の基礎を一から学んで行く事になります。実は、この岡信孝は生涯無所属という立ち位置で芸術家を続けます。その大きな理由には、やはり祖父の存在がありました。祖父の遺言に残された言葉を永遠に守る続けるという、切り固い一面も持ち合わせた画家でもあったのです。さて、そんな岡信孝の作品は祖父同様、繊細な花鳥図を多く残しています。代表作とも言っても良い「椿籠」では、編みカゴに入った色とりどりの椿の花が、素晴らしい色彩の対比で描かれています。背景にグレーかかったマットな印象を与えることで、椿の美しさが良い映えて映っています。さらには、「牡丹」も秀作です。繊細ながら淡い色彩使いで描かれる牡丹の果敢なげながら生命力をみなぎらせる、そんな強さも受け取る事ができる素晴らしい作品となっているのです。日本画家として、数々の栄光を手に入れていった岡信孝は日本美術界に非常に大きな貢献をしていきます。善光寺大本願天井画や、増上寺光摂殿襖絵及び天井画を担当して制作しており、歴史的建造物への美術的アプローチを続けています。さらには、大英博物館に神楽面80点を寄贈しているなど、世界に向けても日本画の繊細な美しさを発信し続けているのです。日本画は勿論のこと、彩墨画なども手掛け、その場に立ち止まる事をしなかった岡信孝。常に、自らの信じる芸術を向かい合い、その内容を伝え続けた日本が誇る大芸術家の一人でもあったのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ