【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 岡田半江

岡田半江

掛軸 岡田半江は、1782年に生まれた日本画家です。文人画家でもある岡田半江は、岡田米山人の子としても広く知られています。その名も様々であり、名は粛で字は子羽、号は半江や子米、さらには無声に寒山、独松楼、寒山外史、墨江老樵など相当な数あったと言われています。結果的には、通称を宇左衛門、父が亡くなった後には、彦兵衛を襲名することで落ち着きます。岡田半江は、大阪で米やを営む自宅に生まれます。父に溺愛されて育てられた事もあり、性格、作品共々に愛情深い優しさを感じさせるものが多いのも特徴かもしれません。幼少の頃から、父の教えの元、画作を作って行きます。父の影響も大きかった反面、自宅に出入りする文人墨客に刺激を受け続け、徐々にその書画への造形を深めて行く事になります。日々、精進をしていく中、文政年間に相次いで両親を失い、稼業の米屋を継いで米屋彦兵衛を襲名。しかし、文政年間には両親と死別、結果的には家業の米屋を受け継ぐカタチとなっていった。しかし、絵画や書などへの愛情はうしなわれる事は無く、父と同じく藤堂藩での下役として仕え続けると同時に、文人画家としても活躍の場を広げて行っています。様々な困難も起こる中、頼三陽の死に大きく落胆をしてしまうことで、米屋を自らの息子に譲ってしまいます。結果的には天満橋東辺の淀川畔に、新しい邸宅を構え、様々な書画を買い求め、隠居生活を決め込む事となります。ただ、文人画家としての名前が世に広く知れ渡っていた岡田半江には、友人も多く、田能村竹田が足繁く訪問したりと、文人サロンのような扱われ方をしていきます。その後も、大阪が戦火などに教われる事で、自宅、収集した作品などが焼失しますが、1838年頃からは、創作意欲を持ち直し、「江村烟雨図 絹本淡彩」などの傑作を生み出すような文人画家としての充実した活動を送る事となったのです。66歳という若さでの死でしたが、彼の残す作品と生き方というのは、現代の美術家達にも大きく影響を与え続けていることでしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店事前相談

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談