掛軸 岩田正巳

掛軸 岩田正巳

岩田正巳

掛軸画家 岩田正巳は1893年に生まれた、画家です。「新興大和絵会」を結成し、日本の美術界に多大なる影響を及ぼしたことでも知られています。そんな岩田正巳は、新潟県の出身です。画家を目指して上京をしており、そこで絵画の基礎を学ぶために東京美術学校日本画科に入学をしています。同校で、絵画の研磨を積んだ後、卒業、さらに高みを目指すために松岡映丘に師事をしています。そんな、松岡は大和絵の中において、住吉派の流れが強い画家であり、後の岩田正巳の作風に大きな影響を及ぼす存在となっていきます。岩田正巳は、新しい美術の在り方を見つけるために、新興大和絵運動に参加しており、その後に仲間達との新興大和絵会を結成することで、活動の場所を固めて行きます。新しい、大和絵の未来を切り開こうとする、この団体でしたが、まだまだ門下生達というのは、未だ帝展入選を果たせていない、そんな画家達ばかりであり、当時の美術界への影響力というのは、非常に弱いものだったと言います。ようするに、岩田正巳の大和絵の神髄というのは、誰もが大和絵である、というものでは無く、未知数になっているそんな作品に真実を見いだそうとした、斬新であり新しい活動であったのです。この活動は、岩田正巳の勢力的な活動に導かれるように、年を追うごとに拡大していき、美術界での高い影響力を持つようになってきます。豪華で派手な作品を多く残してきた、岩田正巳ですが、晩年になるに連れ、自らの芸術の姿と目的を一変させていくこととなります。その作風も、風景表現に歴史的な、そんな情緒感が溢れる作風に変化していき、様々な角度からの大和絵の可能性を広げて行きます。そんな、岩田正巳は受賞歴も華やかであり、1971年には、勲四等旭日小綬章を受賞しており、1977年には日本芸術院会員に、さらには1979年には勲三等瑞宝章受章など、画家として誰もが羨む成功の道をたどります。しかし、岩田正巳の心の奥に感じるべき真実は、彼の大和絵への思いです。これかの日本美術界においても、高い影響力を与え続けるだろう岩田正巳。まだ、多くの研究が重要な芸術家なのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ