掛軸 平松礼二

平松礼二

国内という枠に捉えられること無く、日本画を世界画として広めて行った画家が、掛軸買取 平松礼二です。日本画とは思えない鮮やかで独特な風合いを描き出し、ジャポニズムシリーズと銘打った、独特の世界感を描くシリーズは現在でも非常に支持を集めています。そんな、平松礼二は1941年に東京都中野区に生まれます。独自の感性を持ち合わせて絵画の道を極めようとした平松礼二は、1960年に青龍社展へ出品をします。まだまだ若かったにも関わらず、その作品は春季展賞、奨励賞を受賞します。画家として生計を立てて行く決心を心に決めた平松礼二は、様々なことを学び、自らの目指す芸術の糧として吸収をしていきます。1977年には、創画展創画会賞と春季展賞受賞します。創造的な日本画を超えた世界観が、世に認められ始めて行きます。岩彩、箔、墨、コラージュなどを駆使し、通常の日本画では考えられないような、ユニークな作品を作り続けます。1979年には、第1回中日大賞展大賞を受賞、そして1980年には第2回セントラル日本画大賞展において優秀賞を受賞することになったのです。平松礼二の作品は、世界的に有名であり、伝統的なモチーフで有りながら、現代アートとしても捉えられることとなります。そして、その功績を確固たるものにしたのが、1988年の第1回MOA美術館岡田茂吉賞ということになるでしょう。ニューヨークの世界最高峰の現代美術館であるMOMAの受賞は、美術界に衝撃を与えることとなりました。それから、平松礼二は世界各国で個展を開くこととなります。現代日本屏風展出品(デュッセルドルフ)、現代日本絵画展(北京)、平松礼ニ展(パリJALギャラリー)など数多くの世界で彼の絵が紹介されました。2000年から 2010年まで「文藝春秋」の表紙画を担当していたこともあり、絵画を知らぬものでも、一度は見たことがあるのではないでしょうか。勿論、掛軸買取に関しても平松礼二の作品は、高価な価格で取引されています。日本を代表する画家として世界へ羽ばたき、そしてその功績を伝え続ける平松礼二。彼の持つ世界観そのものが、現代日本画の答えを導く鍵になるのではないでしょうか。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ