掛軸 平福百穂

掛軸 平福百穂

平福百穂

日本画の大家として活躍をしながらも、1903年頃から伊藤佐千夫との交友を育み、アララギ派の歌人としても活躍した画家が、掛軸買取 平福百穂です。自然主義と古典をバランス良く融合させていき、独特な世界観を生み出す、希有な画家として高く評価されています。そんな、平福百穂は、1877年に画家である平福穂庵の四男として、秋田県に生を受けます。父親が画家であったということも関係し、幼少の頃から非常に絵画へ親しむ機会が多くありました。豪商那波家のコレクションを見ては、秋田蘭画を見ていたようですが、1890年を境に父である平福穂庵の教えを乞うことになっていきます。しかし、父親がこの世を去ってしまうことになります。その後は、後援者の援助などを受けることとなり、より本格的な絵画の道へと歩んで行くことになります。もとよりの優れた才能に加え、真面目な性格も相まって、その実力は早くから発揮されることとなります。亡父の追悼画会で画才を認められるとそこから、平福百穂という名で活動をすることとなったのです。さて、そんな平福百穂なのですが、より研鑽を積むために上京を果たします。東京美術学校に入学し、深く絵画の基礎を学んだ後には、入学を勧めた結城素明らと共に、无声会を結成しました。自然主義的写生画を目指した、流行に反する新しい美術を模索していったのです。1916年に結成された金鈴社の時には、中国の画像石や画巻、南画を愛し、その画風の作品を出しますが、その後は、現代的な要素と古典を織り交ぜる独特な作風を確立していったのです。画集なども多く出版されており、「近代の精華-平福百穂とその仲間たち」や、「平福百穂展 生誕百二十年記念 」など、現在でも多くの人々に愛される、素晴らしい画集を生み出し続けていったのです。さて、そんな平福百穂は、アララギ派の歌人として活躍を果たしており、歌集「寒竹」を残すほどの腕前でしや。掛軸買取に関しても、平福百穂の作品には高い評価が与えられています。父に高名な画家を持ちながら、その重い重圧を自ら被り、画家という血を受け継いで行った平福百穂。彼の築き上げた功績は、多くの美術家達に影響を与え続けたのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ