掛軸 徳岡神泉

掛軸 徳岡神泉

徳岡神泉

その写生力の凄まじさに、時折ユーゲニズムなどと言うことさえも言われた画家、掛軸買取 徳岡神泉。数々の幽玄的な作品に魅了される者は多く、現在でも根強い人気を誇っています。さて、そんな徳岡神泉は1896年に京都市上京区神泉苑町に生まれます。本名は、神泉と言いました。幼いころから絵画を学びたく、土田麦僊の紹介により、竹内栖鳳の画塾竹杖会に入門。ここで、本格的に絵画を学び始めることとなります。さらに、より基礎から研磨を重ねるためにも翌年には、京都市立美術工芸学校絵画科に入学します。もとより、優れた才能を持ち合わせていた徳岡神泉だけに、在学中の時分でさえ、非常に素晴らしい功績を残します。金牌や銀牌を獲得したり、何と卒業制作で作品を描いた「寒汀」にいたっては学校の買上という素晴らしい功績を残したのです。そして、まだまだこれからの自分の未来を信じ、京都市立絵画専門学校へ入学。更なる飛躍を狙って行きます。しかし、ここからが苦節の時で、なかなか文展などへの入選を獲得することができなかったのです。高い評価を今まで受けていただけに、落選の日々は実に苦しい時期だったといいます。1919年第1回日本無名展に「雲の流れ」を出品して褒章を受け取りながらも、心は晴れることは無く、富士山麓の岩淵に逃避していきます。結婚を機に、今一度京都に戻り一からやり直しを計った徳岡神泉。初出品から何と12年もたっての事ながら、ついに第6回帝展に出品した「罌粟」が初入選を果たすのです。これをキッカケに、その腕前が認められ数々の賞を受賞していくことになります。数々の作品を描くなか、初期徳岡神泉の代表作「赤松」ですが、これが本当に日本画なのか?と、いう物議を日本美術界にもたらしより、名を広めます。幽玄的な作品をそれからも多く描き、文化勲章も受賞。76歳でこの世を去っています。掛軸買取に関しても、徳岡神泉の作品は非常に人気があり、高価な価格で常に取引されています。挫折を繰り返しながらも、自らの芸術を昇華させていった天才画家、徳岡神泉。彼の道筋は険しいながらも、最後は華やかなものだったのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ