【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 志村立美

志村立美

美人画を得意とし、さらにはその美人画での評価を得て、戦後に、出版美術家連盟会長や日本作家クラブ副理事長を歴任した画家が、掛軸買取 志村立美です。美しも力強く、繊細なだけでない不思議な魅力を持つ美人画を多く手掛けて行った天才画家としても、広く知られています。そんな志村立美は、1907年に群馬県高崎市に生まれています、しかし、その後には横浜市中区へ移住しており、殆どを横浜で過ごしています。絵画への道に興味を持っていた志村でしたが、 神奈川県立神奈川工業高等学校図案科では、その中身が合わなかったのか、中退をしてしまっています。ただ、そこでは挫折ではなく方向転換であり、山川秀峰に入門美人画を習うことになります。その、経験が元となり様々な仕事をこなして行くことになります。ちなみい、師であった山川秀峰なのですが、鏑木清方同門の伊東深水と一緒に、挿絵の活動も行っていました。結果、このコネクションもあったのか、志村立美も挿絵の仕事を勧められ、活動を行って行くことになります。また、自らの芸術でもある肉筆画にいたっても、こちらもまらた鏑木清方主宰の郷土会として、山川秀峰と伊東深水の主宰していた青衿会等へ出品をし始めます。師との出会いで、大きく道が広がって行った志村ですが、挿絵が非常に人気となり、同時大ブレイクしていた岩田専太郎と同等に扱われる人気画家となっていったのです。しかし、この挿絵のような大衆絵も一旦制作をストップし、日本画と美人画の制作に集中をし始めます。結果的には、1976年に作品集美人百態での、日本作家クラブ賞を獲得する程の快挙を得たのです。志村立美の作品は、掛軸買取においても、非常に高い人気があります。その志村立美の作品では、美人画が特に人気があり、多くの人々が求めているようです。自らの意思で学校を辞め、その後の人生で大きく羽ばたいた幸運の持ち主、志村立美。実力だけでなく、運をも味方につけた人間こそ、一流の画家たるものなのでは無いでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店事前相談

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談