【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 望月春江

望月春江

自然の中に華やかさを包み込ませ、その独特の世界観を表現しつづけた画家、掛軸買取 望月春江。彼の描く美しく優しさに溢れた作品は、今でも多くの人々に愛され続けており、多くの人々の支持を獲得しています。さて、そんな望月春江は山梨県西山梨郡住吉村増坪に生まれています。山梨県立甲府中学校で、最初は医師を目指して日々勉強を重ねる日々であったと言われています。そのため、学校自体も特待生で卒業という素晴らしい名誉ある経歴も持ち合わせているのです。また、この望月春江は医大を目指し上京を果たしたのですが、そこで出会っていた美術史家の中川忠順の言葉に心を動かされます。「ぜひとも画家になりなさい」という言葉をかけられた事が大きな決心となり、画家への道を本格的に目指すこととなったのです。そんな望月春江は、そのまま名門でもあった東京美術学校へ入学。秀才的な頭脳を持ち合わせながらも、画家の道を選んだだけあり、その実力はずば抜けて高く、この東京美術学校も主席で卒業するという快挙を成し遂げるのです。そして、卒業後も絵画の研究に研鑽を積むべく、そのまま研究科に残り活動を続けます。絵画の世界を広めるべく、望月春江は結城素明に師事。彼が持つ繊細でありながらも、日本画を超えた新しい世界観を生み出す礎となっていったのです。さて、そんな望月春江はそのまま東京女子高等師範学校で教師として働くこととなります。しかし、画家としての活動には余念が無く、日々研鑽を積み続けることとなります。1921年に行われた第3回帝展で「春に生きんとす」を出品。初入選を果たすこととなります。さらには、ここで春江という雅号を譲り受けることなるのです。常に新しい日本画の魅力を研究し、貢献し続けた望月春江は、日本芸術院賞、山梨県特別文化功労賞という名誉ある称号も受けています。望月春江賞という名誉ある賞も生まれ、これを目指す画家は非常に多いのです。掛軸買取においても、望月春江の作品には高価な価格がつけられます。自らの夢を変えてまで絵画に打ち込んだ望月春江。結果的に、日本美術界に無くてはならない、大切な存在となっていったのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談