掛軸 木村武山

木村武山

歴史画から、花鳥画、仏画など多彩なタッチで様々な作品を残した掛軸画家が木村武山です。彼の残した作品は非常に高い評価を受けており、茨城県の五浦の作家としても地元から熱い支持を得ていることでも知られています。1876年に茨城県笠間市に生まれます。父親は、笠間銀行を設立しており、頭取となる程の実業家で郷党でも非常に高名な人間だったと言われています。そんな縁もあってか、木村武山は2歳という幼さで桜井華陵に師事をしています。幼い頃から南画の基礎を学んでいったことで実力を身に付け、結果的に12歳頃には「武山」の号を使い作品を作っていたと言われています。 その後名門と言われている東京開成中学校に入学しますが、絵画への志を非常に強く持っていた木村武山は、翌年東京美術学校普通科に編入することになります。さらには、より絵画に研磨を重ねて行くために、川端玉章の画塾天真社も同時に学んでいます。卒業が決まった後でも、より研磨を重める心構えを持ち続けた木村武山は日本画研究科へ進み、在学中に日本絵画協会第一回展に「貫定卿旧都観月」で二等褒状を受賞するという快挙を成し遂げて行きます。 早熟ともてはやされながらも、その活躍はその後も目覚ましく、平泉中尊寺金色堂修復に助手として参加したり、日本美術院の副員となったりと活躍の場を広げます。そして、晩年の彼の人生を変化させたのが、五浦移転です。この五浦移転により、仏画を中心に描き続け、高い評価を得ていくこととなります。 大正初期の頃は、琳派の手法を用いる花鳥画が多かったのですが、観心寺の如意輪観音坐像に驚嘆し、仏画を描いていったと言われています。その色彩感覚は見事であり、地味になりがちな仏画も鮮やかに描き、日本美術院きってのカラリストとも呼ばれていたと言います。 掛軸買取においても、もちろん木村武山の作品は高価な価格で取引されます。未だに人気は衰えることはありません。早熟と言われながら、その才能をより引き出せる画家はそういるものではありません。名実共に、本当の日本画家として一生を生き抜いた男こそ、木村武山なのです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ