【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 村山径

村山径

人体、馬、大自然を大きなテーマとして日本画を描き続けた画家、掛軸買取 村山径。戦後の日本美術界を作りあげ、大きな貢献をしていった希代の画家としてしられています。1917年に新潟県柏崎市出身に生まれた村山径は、幼少の頃より、様々な絵画に触れたいと思い日々画家となる夢を見ていました。絵画の基礎を学んでいきたい、という強い意志を持ち、同じ新潟県出身の画家である尾竹国観に師事をします。幼い頃より、英才的な教育を受けたこともあり、より心か絵画へと傾いて行きます。そして、高校を卒業した後には本格的に絵画の道に進むべく、上京を決意。川端画学校へと入りより研鑽を積んでいきます。しかし、戦中という過酷な状況に立たされてしまったこともあり、戦時中は、従軍画家として戦地へ乗り込むこととなります。過酷な状況にも打ち勝ち、戦後は児玉希望を師事。再度、日本画への熱い思いを巡らせることとなります。新文展での初入選より、様々な賞へと出品を重ねる村山径は、名誉ある賞を数々と受賞していきます。日展に活躍の場所を移した後には、連続特選を経験。有名作「朝の火山」が、内閣総理大臣賞を受賞するなど、非常に高い評価を得て行くことになるのです。馬を描くことに長けていた村山径は、その独特の色使いに注目をされました。力強い線だけでなく、濃く重みのある色彩使いと、構図。陰影を絶妙に使い分けることで、より深みのある作品へと昇華させているのもポイントでもありました。また、馬以外の風景画でも同様の美しく力強い作品を残し続けており、「冠」では芸術院恩賜賞を受賞する、日本画家としての快挙を成し遂げることになるのです。「残雪の高原」「白浜」といった、多くの人々の目に触れた有名作もあり、日本美術界に高い貢献を続けていた、希代の画家として生き抜きました。掛軸買取に関しても、この村山径の作品には非常に高い評価が与えられています。高価買取になる作品も非常に多いので、注目でしょう。戦後に大きな活躍を見せた村山径。自分だけの持ち得る芸術的な筆遣いが生み出す世界観で、多くの人々を魅了し続けるでしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談