【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 松尾敏男

松尾敏男

文化勲章授章だけでなく、長崎県名誉県民としての地位も持つ、日本を代表する画家が掛軸買取 松尾敏男です。伝統的な日本画の技法を用いながら、その独特の世界感で見る人々を魅了し続けています。1926年に長崎県長崎市に生まれた松尾敏男は、幼い頃より絵画で生計を立てることを決意します。日々、絵画への興味を途切さすことは無く、研究に没頭していきます。しかし、健康に育っていった松尾敏男は、東京府立第六中学校の時には体育選手であったことが知られており、非常に活発な性格の持ち主でもあったと言われています。さて、本格的に絵画を学ぶために、日本画の大家であった堅山南風に師事をしています。そこで、様々な日本画の基礎を学び続けていき、その才能を広げて行くこととなります。1962年には、初の院展奨励賞を受賞し、1966年の院展では、院展日本美術院賞を受賞、1971年には芸術選奨新人賞という快挙も成し遂げることとなるのです。結果、1949年に院展へ出品した「埴輪」が、何と初入選を果たすこととなるのです。この院展での初入選をキッカケに松尾敏男は、院展での活動が基本となります。数々の受賞を経ていき、日本画界の重鎮として貢献をしていくことになります。1978年には日本芸術院賞を受賞することになり、名実共に日本画の大家に。その実力と貢献度が認められ、1988年には多摩美術大学での大学教授として就任を果たすことになるのです。その教授としての活動の傍らでは、しっかりと画家活動も行っており、1994年には日本芸術院会員を受賞し、その後は1998年に勲三等瑞宝章、2000年に文化功労者など名誉ある賞を数々受賞しているのです。伝統的な日本画でありがなら、淡い濃淡の使い方が逸品の松尾敏男。花と葉のコントラストや、動物などを描き込み、ユニークな構図を作り上げているのも注目したい点でしょう。掛軸買取においても、松尾敏男の作品は高価買取となり話題となります。現在では、様々な講演会などを行い、後進への指導に力を入れている松尾敏男。温かみのある人柄から生み出される、独自の作品世界は、これからも日本にとって重要となる作品ばかりでしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談