【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 松本一洋

松本一洋

新興大和絵系画家として広く活躍をし続け、繊細で美しい作風で見るものを魅了する画家が、掛軸買取 松本一洋です。歴史風俗などをモチーフにした作品を多く描き、伝統的である大和絵の歴史を守り続けていったことでも知られています。1893年に京都に生まれた松本一洋は、幼少の頃より絵画への強い憧れを抱いていました。そして、本格的に絵画を学ぶために京都市立美術工芸学校へ入学。絵画の基礎を身に着けて行くことになります。より、高いレベルで絵画を研究しつづけようとした松本一洋は、京都市立絵画専門学校日本画科でも研鑽を積んでいます。山元春挙の画塾「早苗会」に入塾してからは、より伝統的な大和絵を研究。才能を磨きます。さて、そんな松本一洋なのですが、初入選は学生の頃でした。出品をした「壬生狂言の楽屋」は、多くの美術関係者に衝撃を与えることとなり、その以来多くの展覧会で活躍をすることとなるのです。さて、数々の賞を受賞することなった中でも、大きな名誉として1927年第8回帝展「蝉丸と、翌年の第9回帝展「餞春」が特選として受賞することになったことです。この大きな賞を受賞することが、大きな転機となり、松本一洋は1933年には審査員を、1936年には新文展委員。1939年に新文展審査員と、美術界の躍進へと貢献を続けることとなったのです。さらに、京都市立絵画専門学校では、教授として後進への教育を指導。美術界を作り上げて行くことでも、貢献をしたのです。さて、そんな松本一洋なのですが、伝統的な大和絵を中心に描くことで有名でした。しかし、その淡くも鮮やかで斬新な色使いは、ただ伝統に縛られる訳ではなく、モダンな世界観を作りあげた革新的な雰囲気も持ち合わせているのが特徴です。風俗画が中心となるのですが、その写実力に創造力などは類を見ない才能と言えるのでは無いでしょうか。掛軸買取に関しても松本一洋の作品は、非常に高い評価を獲得しています。シンプルに絵画への情熱を持ち続け、その情熱を構成に伝え続けた松本一洋。守るということを貫き通した努力の画家でもあったのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談