【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 松本高明

松本高明

「雪中花」「花菖蒲」「酔芙蓉」などの代表作で知られる日本画壇を代表する画家、掛軸買取 松本高明。外務大臣賞の受章歴があるなど、様々な賞を受賞していた、日本を代表する画家の1人として知られています。1945年に生まれた松本高明は、三重県に生まれます。幼い時分から絵画への興味が深く、深いほどは無いですが、嗜む程度に絵画へ思いを馳せていたようです。1969年には、静岡大学農学部を卒業しており、別の道へと進みました。しかし、自らの本当にしたい事でもある、絵画への道を諦めきれなかった松本高明。日々、絵画へ研鑽を積み続けて行きました。そして、才能を磨いていった松本高明は1975年に院展へ自らの作品を初出品をします。しかし、その作品が何と初入選を果たしてしまうのです。この入選をキッカケとして、松本高明の名前は広く美術界に知れ渡ります。さらに、これ以降は1992年の第77回院展へ出品した作品が、奨励賞を受賞など華々しい画家生活を送って行くこととなりました。さて、快挙であるのがその作品でもありますが、連続的な入選回数では無いでしょうか。1994年、1995年、1996年、1997年、1998年、1999年、2003年、2004年、2005年というこの年数を連続入選した日本画家も、そう多くはありません。松本高明の描く作品の特徴としては、その伝統的であり、美しく洗練された構図の使い方でしょう。花を描く作品が主に多く、濃淡の出し方であったり、果無げで優しく柔らかい雰囲気は、まさしく日本画の真骨頂とも言える作風なのです。日本画特有の甘美な曲線の描き方であったり、華奢な印象は、遅咲きでありながら絵画への情熱を燃やし続けた勉強の成果であるとも、言えるのでは無いでしょうか。院展を中心に活躍をしているのですが、全国の百貨店での個展なども積極的に開催しており、多くのファンを掴み続けています。掛軸買取においても、松本高明の作品は人気があるので高価買取です。一度は別の道を歩みながら、その志を忘れることのなかった松本高明。目指し続けた先にある、ゴールへまだまだ走り続けているのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談