掛軸 松田杏亭

松田杏亭

南北画の風景であったり、花鳥図を多く描きながら、その鯉を描く技術の卓越さで有名になった画家が、掛軸買取 松田杏亭です。南画を最初学びながらも、その写実力などの優れた筆さばきで数々の秀作を生み出していきました。1887年に愛知県で生まれた松田杏亭は、幼少の頃に夢を見ていた画家をより現実に近づけて行くために、愛知出身であり中央画壇の重人物であった織田杏斎の元へ師事をします。そこで、始め南画の基礎を学び続け、より研鑽を積んで行くことになります。織田杏斎の元で真剣に南画を学びながら、南北画の繊細で豪快な筆遣いであったり、様々な絵画技法をこの時にしっかりと身に着けていくことになります。ここで松田杏亭が学んだ様々なことが、後の彼の作品の大切な礎になっているということです。さて、様々な基礎をしっかりと学び直した松田杏亭なのですが、より高いレベルで絵画を学びたいと心に決心します。そのため、上京を決意。池上秀畝に師事をして、より南画の精度を上げて行く努力を続けます。南北画で描かれる様々な風景画は勿論のこと、美しい色使い淡めのタッチで描かれる花鳥図には高い評価を各方面から受けることとなります。しかし、松田杏亭を一流の画家に上り詰めさせたのが、彼の描く鯉画でしょう。南画としての鯉画は定番でもありましたが、松田杏亭の描く鯉達のその艶やかで甘美な存在感は、類を見ません。色鮮やかな魚として知られる鯉の色彩のコントラストを最大限利用し、絶妙なバランスを生み出しているのです。また、写実力にも長けていたこともあり、その表情やディティールの細かいところまで、妥協無く描かれている秀逸な作品ばかりなのです。また、文化人としての顔も持ち合わせており、織田杏逸・波多野一岳・狩野梅斎などと共に活動なども行う、精力的な人間としても知られているのです。掛軸買取においても、松田杏亭の作品は高い注目を浴びています。高価買取になる作品も多く存在しています。鯉を生涯のモチーフに選ぶほどに惚れ込み、その鯉を本物以上のモノに仕立て上げた松田杏亭。日本の南画界になくてはならない、そんな人物でもあったのです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ