掛軸 根上富治

根上富治

端正な筆遣いと愛らしい作風で、多くの人々から愛され続けている画家が、根上富治です。戦後日展で活躍を続けて、帝国美術学校などで教鞭を振るうな後進の指導においても、高い評価をされている画家のひとりです。さて、そんな掛軸買取 根上富治は1895年、山形県に生まれています。幼い頃から絵画に興味があり、独学で様々な作品を楽しみながら描いていきます、しかし、本格的な絵画の勉強をするために上京をします。東京美術学校に入学をした根上富治は、日本画を結城素明に学び、本郷洋画研究所では岡田三郎助に洋画の技術を学ぶという、多忙な学生生活を送って行きます。日本画と洋画というふたつの側面を持ち合わせたことで、後の独特な根上富治が生まれていったとも言われています。根上富治は、1921年に東京美術学校を卒業しているのですが、その才能が世に認められたのも同時期です。第3回帝展での初入選をこの年に獲得すると、翌年の第4回帝展では既に特選を獲得することとなります。それ以降も、帝展であったり文展などに出品を続け活躍の場を広げます。しかし、新しい美術への探究心も持ち合わせていたのが、根上富治の特徴です。何と、1938年には川崎小虎に望月春江などと日本画院を結成します。日本画院で、日本画の新しい可能性を模索し続け同院展にも出品を重ねていくことになるのです。伝統的な線を描きながらも、それが洋画のように分かりやすく、モダンな雰囲気を醸し出すのが根上富治の作風です。日本画の基本でもある花鳥図も、ハッキリとした色彩の構図を用いて、どこか新しい日本画のように仕上げてしまうのは、根上富治の持つセンスの良さが生み出した、独特なものなのでしょう。さて、この根上富治なのですが、少しユニークな逸話もあるようです。根上富治という名前であることから、「値が上がり、富む」と縁担ぎの対象にされていたようです。勿論、作品の素晴らしさがあり、人気になったことも忘れてはいけません。根上富治の作品は、げんざいの掛軸買取においても非常に人気があり、高価買取となっています。名前すらも見方に付けてしまうという、根上富治。美術界になくてはならない、基調な人物であったのです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ