掛軸 森寛斎

森寛斎

円山派の伝統を明治時代に伝え続け、趣ある文人画を得意としてた画家が掛軸買取 森寛斎です。京都画壇の中心人物として活躍し、数々の功績を後世に残した日本美術界でも非常に貴重な人物として知られています。森寛斎は、1814年に山口県の長州藩士石田伝内の三男としてこの世に生を受けています。幼少の頃より絵画に深い関心を示しており、自ら画家となる意識を強く持ち始めたのも、遅くはありませんでした。12歳という若さでありながら、太田田竜に師事をします。絵画の基礎をそこで学び続け、その時の雅号は桃蹊(とうけい)として活動をしています。絵画を学んで行くことにより、更に研鑽を積もうと考えた森寛斎は、大阪へと渡ります。円山派の森徹山に師事をすることにより、その後の画家人生が変わります。絶対的な師の存在に対することと、才能を活かした作風を描き上げて行くことで25歳の時には、ついに養子として迎え入れられることとなるのです。このことで、性を森にし森寛斎が生まれることになるのです。また、絵画を学ぶ一方では深く政治にも興味を持っており、世界情勢を危惧していたためか討幕運動などにも精力的に参加をしていたことが知られています。維新が起こった後には、森寛斎の活動も一変していきます。京都画壇の研究団体如雲社を経営することとなり、当時の研究団体如雲社の復興に貢献を続けることとなったのです。画家としても高い実力と才能を持ち合わせていたこともあり、博覧会や共進会などでは数々の名誉ある評価を得ます。その実力が世間に認められた後、1890年に、橋本雅邦などの日本画家界を代表する人物らと、第1回帝室技芸員となります。より、日本画の反映に貢献していき、江戸時代に培われた円山派の伝統を現在に伝え続けていったのです。掛軸買取に関しても、森寛斎の作品は人気が高く、高価買取となっています。その世界観は情緒的であり、人間らしさを感じる美しさも持ち合わせた森寛斎。現在の日本画界を作り上げた、大切な人物だったのです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ