【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 森狙仙

森狙仙

数多くの猿画を描き続け、没しより高い評価を得続けているのが、掛軸買取 森狙仙です。江戸時代を中心に活躍をし、狩野派、丸山派などからの影響を自分なりに融合させ、新たな世界観を作り出した秀作は日本の宝です。さて、そんな森狙仙は1747年に絵師の森如閑斎の息子として生まれています。出生は大阪であるということが噂されていますが、資料が少なく多くは今でも謎に包まれています。大阪を中心に活動を続けている森狙仙は、はじめは山本如春斎に師事をし、狩野派の基礎を学んで行きます。繊細で優雅な筆遣いが特徴の狩野派独特の作品作りは、後の森狙仙の作風にも大きな影響を与えていきます。そして、沈南蘋や円山応挙と出会いここからは写実主義を貫くこととなります。派閥を変化させることで、より自らの描く芸術への欲求に対応することが出来始めた頃でもあったようです。猿画が有名であることから、より猿への習熟を極めていくため、猟師に生け捕りにさせ、その姿をモチーフに猿を描きます。しかし、それでは生きている本物の猿では無いと友人に指摘されたため、生きる猿を観察する日々を送っていたと言われています。とにかく、森狙仙の特徴としては猿画を含めた動物画が多いことで知られます。猿が持つ柔らかい毛並みや細かい表情、そして大胆な構図などは、多の追随を許すことの無い高いクオリティです。迫力もありながらも、その柔らかく親しみに溢れた風合いの作品には、現在でも多くの支持者が多いことで知られています。さて、現在では「秋山遊猿図」が文化財として保護されています。更に、雨中桜五匹猿図にいたっては、切手趣味週間の80円郵便切手の図案となったことでも有名です。掛軸買取に関しても、森狙仙の作品は非常に高い評価を得ています。現在では、非常に高価買取になります。猿の魅力を生涯追いかけ続け、人物画などは殆ど描くことのなかった森狙仙。彼の目指す芸術は、ユニークで優しい彼自身の人柄が現れているのかもしれません。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談