【感染予防の取り組み】こちら
10月29日(金) 営業時間短縮のお知らせ

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 森田沙伊

森田沙伊

メリハリのある、明るく分かりやすい大胆な構図で人気となった画家が、掛軸買取 森田沙伊です。人物画を得意としていたこともあり、この画風で描かれる作品の数々は、一目見ただけで森田沙伊と分かる素晴らしいものばかりでした。さて、そんな森田沙伊が生まれたのは1898年です。北海道に生まれた森田沙伊は、幼い頃より絵画への深い興味を持ち合わせており、数々の風景などを描いていました。より研鑽を積みたいと心に感じとった森田沙伊は、最初は佐々木蘭斎に師事をします。四条派の重鎮でもあった佐々木蘭斎に、その繊細で奥深い四条派の極意を習い、後の彼の画風への礎となっていきました。森田沙伊は、その後に本格的に絵画への道を極めて行くため、上京を決意します。1917年上京し川端画学校に入門をします。そこでは、日本画の基礎を一から習い、持ち合わせていた芸術的センスにより磨きをかけていくことになります。しかし、すぐにはその才能は世間に認められることは無く、初入選までは険しい道のりをあゆみつづけることとなりました。しかし、1928年に開催された帝展で、ついに初入選を果たし日本画家としてデビューをすることになったのです。さらに、この初入選をキッカケに帝展に文展、官展で出品を続け活躍の場を広げて行くこととなるのです。新文展では、特選を受賞するなど戦前の美術界に大きな貢献をしていくこととなったのです。さて、そんな森田沙伊なのですが、戦後は日展に活動の舞台を移します。出品をするのは、主に日展になります。1959年には、日本芸術院賞を受賞し、1975年には日本芸術院会員に就任を果たします。翌年の1976年には、何と勲三等瑞宝章を受賞することとなり、その存在を日本美術界に知らしめました。モダニズムを感じさせる独特の作風が伝統的な日本画と織り交ざり、類を見ない独特な作品として、現在でも多くの支持を集めているのです。そんな森田沙伊の作品は、掛軸買取においても非常に人気が高く高価買取となります。自らの描く最高の芸術のために、努力を惜しむ事の無かった森田沙伊。残された作品は、今でも日本美術界の宝として重宝されているのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談