掛軸 森田沙伊

森田沙伊

メリハリのある、明るく分かりやすい大胆な構図で人気となった画家が、掛軸買取 森田沙伊です。人物画を得意としていたこともあり、この画風で描かれる作品の数々は、一目見ただけで森田沙伊と分かる素晴らしいものばかりでした。さて、そんな森田沙伊が生まれたのは1898年です。北海道に生まれた森田沙伊は、幼い頃より絵画への深い興味を持ち合わせており、数々の風景などを描いていました。より研鑽を積みたいと心に感じとった森田沙伊は、最初は佐々木蘭斎に師事をします。四条派の重鎮でもあった佐々木蘭斎に、その繊細で奥深い四条派の極意を習い、後の彼の画風への礎となっていきました。森田沙伊は、その後に本格的に絵画への道を極めて行くため、上京を決意します。1917年上京し川端画学校に入門をします。そこでは、日本画の基礎を一から習い、持ち合わせていた芸術的センスにより磨きをかけていくことになります。しかし、すぐにはその才能は世間に認められることは無く、初入選までは険しい道のりをあゆみつづけることとなりました。しかし、1928年に開催された帝展で、ついに初入選を果たし日本画家としてデビューをすることになったのです。さらに、この初入選をキッカケに帝展に文展、官展で出品を続け活躍の場を広げて行くこととなるのです。新文展では、特選を受賞するなど戦前の美術界に大きな貢献をしていくこととなったのです。さて、そんな森田沙伊なのですが、戦後は日展に活動の舞台を移します。出品をするのは、主に日展になります。1959年には、日本芸術院賞を受賞し、1975年には日本芸術院会員に就任を果たします。翌年の1976年には、何と勲三等瑞宝章を受賞することとなり、その存在を日本美術界に知らしめました。モダニズムを感じさせる独特の作風が伝統的な日本画と織り交ざり、類を見ない独特な作品として、現在でも多くの支持を集めているのです。そんな森田沙伊の作品は、掛軸買取においても非常に人気が高く高価買取となります。自らの描く最高の芸術のために、努力を惜しむ事の無かった森田沙伊。残された作品は、今でも日本美術界の宝として重宝されているのです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ