掛軸 森白甫

掛軸 森白甫

森白甫

写実的な表現をモダンに仕上げた画家が、掛軸買取 森白甫です。写生の虫とまで呼ばれるほどに綿密な写実力は、多くの人々に感動を与える美しい作品を生み出し続けていきました。1898年に東京都に生まれた森白甫は、父が日本画家としても高名であった森白畝でした。そのためか、幼少の頃より様々な絵画に触れる機会があり、自然と画家になるという道が開けていきます。父の背中を見て育ちながらも、外で本格的に絵画を学ぼうと、荒木十畝の主宰していた「読画会」に入塾を果たします。基礎を一から学ぶこととなった森白甫は、花鳥図という彼の生涯の武器を手に入れ、才能を徐々に伸ばして行くことになります。さて、元々真面目でもあった性格も手伝い、真剣な取り組みを続けた結果、1925年の帝展で何と初入選を果たすこととなります。この入選をキッカケに、森白甫は数多くの作品が世に受け入れられることとなります。そして、写生の虫とまで言われる程の写実力で描かれる花鳥図を、自らのものにしたのが、1939年です。この技術を手に入れた森白甫は、怒濤の勢いで秀作を描き続けて行きます。第3回の新文展で出品している「錦鱗」は、その清冽で美しい世界観を発揮した最高の作品です。そのため、素晴らしい評価を獲得し、現在でも秀逸な作品と広くしられるようになったのです。通常のキャンパスは勿論のこと、掛軸に描く彼の世界は多くの人々を魅了しつづけています。1958年には、日本芸術院賞を受賞。その後、日本美術展覧会評議員に推挙され、1971年には理事を歴任します。さらに、1976年勲四等旭日小綬章を受賞しており、日本の美術に大きな貢献をしているのです。森白甫の描く美しい花鳥図は多くの本としても出版されており、日本美術を代表する画家として高く評価されています。掛軸買取においても、この森白甫の作品は高価買取となり人気が高いものです。偉大な父を持ち、その父を超える活躍を見せた森白甫。繊細な心が織りなす美しい作品こそ、彼の芸術の真骨頂でもあったのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ