【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 横尾芳月

横尾芳月

浮世絵と大和絵の伝統的な技法を踏まえ、新しく清楚で可憐な美人画を描いた画家が、掛軸買取 横尾芳月です。日本的な美人画の流れを守り、独自の芸術世界を貫き通した、日本美術界の重鎮の1人として知られています。さて、そんな横尾芳月は1899年に福岡に生まれます。多感であった幼少期、小早川清という画家の小児麻痺の後遺症を乗り越えて、画家となった話に大変感激をし、自らも絵画の道を志すことになります。自らの力で学びを深めて行くなか、本格的に絵画を学びたいと思い立ち上京を果たします。その場所では、池田輝方に師事をし、絵画の基礎を学んで行きます。その後、蔦谷竜岬にも師事をしており、大和絵という伝統的な画風を基礎から腕に覚えさせられます。しかし、鴬谷がこの世を去った後には、美人画の大家と言われていた深水に師事をします。この深水との出会いが、横尾芳月の人生を大きく変化させることとなります。大和絵と美人画の美しく繊細な世界観を、自らの芸術として表現することができるようになった横尾芳月。帝展に出品をした「和蘭陀土産」が、初入選を果たすことになります。その入選をキッカケに、横尾芳月は様々な名誉ある賞を受賞し続けて行くことになるのです。帝展だけではなく、新文展、日展など大きな展覧会の常連となっていき、中央画壇の中心的存在として名を馳せていくことになるのです。また、個人としての活躍は勿論なのですが、青衿会と日月社などの美術会にも積極的に参加。そこでも強い存在感を示しており、美術界の発展に大きく貢献をし続けて行ったのです。横尾芳月は、可憐で清楚という言葉が似合います。艶やかふっくらとした美しい日本美女を繊細に描き、大和絵独特の写実力に優れた構図の取り方は、逸品と言わざるえません。目黒雅叙園での美人画制作などもあり、名実共に日本を代表する画家として活動しつづけたのです。掛軸買取においても、横尾芳月の作品は非常に評価が高く、高価買取となります。名人と謳われる美人画を、没する日まで描き続けた横尾芳月。芸術を愛し、そして愛された希代の画家だったのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談