掛軸 橋本明治

橋本明治

日本芸術院会員であり、文化勲章受章者である日本画の重鎮、掛軸買取 橋本明治。独特な色彩感覚で、日本画という世界を完全に新しい境地へ向かわせた、天才的な作風で人気です。橋本明治は1904年に生まれた橋本明治は、幼少の頃からとにかく絵画を描くことに夢中だったといいます。絵画の教科書などを取り寄せては、日本画の勉強をし続け、常に絵画漬けの日々であったと言われています。中でも、妹達をモデルとして使い、動物などもモチーフに愛らしい作品を描いて行きました。そんな橋本明治も、本格的に絵画の道を極めるために、上京。東京美術学校に入学をします。在学中に帝展に出品を開始し、その才能をいかんなく発揮し始めます。1931年に、東京美術学校日本画科を卒業した後に、松岡映丘に師事をし研鑽を積んで行きます。橋本明治と言えば、その鮮やかで太い線で描かれる作品です。比類するものの無い、斬新な作風は後に橋本様式という作風を確立するまでになりました。1937年の新文展では特選を受賞。この受賞をキッカケに、より世間に橋本明治という才能が広まっていくこととなるのです。1940年から1950年の間には、法隆寺金堂壁画模写に従事し、日本美術の再興にも貢献。より信頼を獲得していきます。しかし、戦後になると一転活躍の場を変化させ、日展で活躍を始めます。1948年には創造美術結成に参加しているものの、その方向性の違いんどから、後には脱退をしています。橋本様式をいかんなく芸術に昇華させた橋本明治の活躍は素晴らしく、1951年には、芸術選奨文部大臣賞を受賞、1952年には日展審査員に推挙。さらに、1955年日本芸術院賞を受賞するなど日本美術界に無くてはならない存在になっていきます。晩年は、故郷でもある浜田市の風景なども描くこともあり、人間性も高く評価されています。さて、そんな橋本明治の作品は、掛軸買取においても非常に評価が高く、高価買取で取引されています。生きること自体が芸術であった男、橋本明治。彼の残す作品達は、日本の宝としていつまでも語り継がれることでしょう。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ