掛軸 橋本関雪

橋本関雪

四条派から学び受けた高度な写実性に、繊細で妖艶さも感じさせる筆遣い。美しいだけでない、独特の世界観を日本画に落とし込んだ天才画家のひとつが、掛軸買取 橋本関雪です。様々な作品は構図が独特であり、知的な雰囲気を放つことから、多くの人々を魅了し続けています。1883年に、兵庫県神戸市に生まれた橋本関雪は、両親が学問所詰儒者を務めていました。この、関雪は画号となっていますが、由来としては、藤原兼家が雪降る逢坂の関を越える夢を見たということで、その話を聞いた大江匡衡が「関は関白の関の字、雪は白の字。必ず関白に至り給ふべし」と夢占いをしたという逸話が残されています。さて、学問所詰儒者というだけあり、漢学などは父から教えられていました。学問を通じて入門したのが、竹内栖鳳の竹杖会です。日本画の大家でもある、竹内栖鳳の元で絵画の基礎を学び、徐々に才能を開花させていくことになります。1913年の文展入選を皮切りに、多くの賞を受賞し続けます。1916年に17年では、帝展で特選を受賞するほどとなり、帝展審査員、帝国美術院会員、帝国芸術院会員と帝展において、最重要人物として存在することとなりました。橋本関雪の作品からは、どことなく中国のルーツを感じさせる箇所があるのですが、実際中国古典に非常に意識を注いでおり、自らも何度も中国へ渡った事が知られています。京都銀閣寺畔の白沙村荘に住み込んでは、別の称号でもある白沙村人としても活躍をしていたのです。古美術の蒐集家でもあっただけでに、そのコレクションも非常に価値ある物ばかりだったといいます。画家としての橋本関雪の代表作が1941年に発表されている「夏夕」でしょう。1匹の狐と夕顔のモノトーンのコントラストが、非常にモダンであり美しい作品です。凛とさせる繊細な筆遣いだけでなく、清冽な色気も感じさせる最高の作品です。現在、橋本関雪の作品は掛軸買取でも非常に人気です。書や美術など、文学の世界で才能を発揮した橋本関雪。彼の残した作品のひとつひとつから、日本人が忘れてはいけない、美意識を感じとることができるでしょう。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ