【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 橋本静水

橋本静水

帝展で活躍した後、院展でも活躍し同人として日本美術界の発展に貢献した画家、掛軸買取 橋本静水。独特なタッチで描かれる作品で、多くの人々の心に残る人物となりました。1876年に広島県に生まれた橋本静水は、名は宗次と言いました。初期の頃から号を様々変更させていき、結果的に静水となったことでも知られています。 幼少時から芸術の世界へのめりこみ、絵画の道で行きていくことを夢みます。しかし、本格的に絵画の勉強をし始めたのは、橋本雅邦に師事してからのことです。橋本雅邦に日本画の基礎を一から学び、より研鑽を積んで行きます。その努力と才能が認められたのか、橋本静水は後に橋本の養子として迎え入れられることとなります。その後、1912年に第5回文展でついに入選を果たします。その時に描いた作品が「一休」で、今でも有名な橋本静水の作品として残されています。さて、そんな橋本静水なのですが、山水画の研究に余念が無かったと言われています。独自の解釈ではありますが、山水画の持つ魅力をとことん掘り下げていった結果、ついに自らの目指す芸術の在り方を発見していくこととなります。様々な作品が有名でもありますが、美人画を描くことに関しても非常に高名です。とはいえ、特に評価が高いと言われているのが1942年に描き上げた「「凍郊」」です。雉が雪の中、中央に佇んでいる作品ですが、白黒だけの濃淡で描かれた、まさしく凛とした世界観が特徴です。厳しい寒さの中にいながらも、その姿は強く、そして美しい。独特な橋本静水の世界観を肌で感じることができる秀作なのではないでしょうか。現在では、目黒雅叙園に静水の間という場所があり、彼の描く世界観を一つの空間を通じて感じることができるのです。橋本静水の作品は、掛軸買取に関しても非常に有名で、高い需要があります。日本画というだけでなく、洋画や様々なテイスト組み込むその才能。橋本静水という男こそ、日本の美術界になくてはならない大きな存在だったのではないでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談