【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 正井和行

正井和行

夜の風景に溶け込み、その哀愁漂う作風で人気を博した画家が、掛軸買取 正井和行です。独特なタッチは淡く情緒的でありながら、怪しげな雰囲気も持ち合わしており、見るものを魅了し続けていました。さて、そんな正井和行は1910年に生まれます。兵庫県の明石市出身であり、幼少の頃より絵画に興味を持ちっていました。関西学院中学部を卒業し、より本格的に絵画を学ぼうと思い立ち、京都市立絵画専門学校入学をします。そこで、より絵画の修行に研鑽を積み重ね、才能をより伸ばしていきます。しかし、京都市立絵画専門学校の研究科に進みさらに絵画の勉強を重ねます。さらに、福田平八郎に師事をします。気難しい画家の唯一の弟子となった正井和行は、より絵画の魅力に取り憑かれていきます。しかし、体の弱いことが唯一の弱点であった正井和行は、27歳で大病を患ってしまい、故郷に帰郷せざる終えない状況に立たされます。この時に絵画への気持ちが完全に途絶えてしまい、10年以上の歳月は活動をすることが出来なくなります。日々、何も考えることができない状況を続け、絵画への道を断念しかけますが、やはり絵が好きであると気がつき、再度状況をすることになるのです。そこからの正井和行は非常に精力的な活動を続けます。師の勧めにより、池田遙邨の画塾青塔社に入塾をし、感覚を取り戻して行きます。その後は、同社展や日展を中心に幅広い活動を続けて行くことになるのです。夜の風景を描くことが多く、そのまどろみがかった美しいタッチには、多くの人々が魅了されました。夜とはいえ、完全なる闇では無い、美しく妖艶な世界観を描き続けその名を広く知らしめていくことになるのです。病気がちでもあっただけに、肉に魚などを日常生活では口にしないというストイックな一面を持っており、美術を常に愛し続けていたのです。掛軸買取に関しても、正井和行の作品は人気が高く、高価買取になっていきます。自らの境遇に一度は夢を諦めかけた正井和行。しかし、心を揺さぶる新しい感動は美術でしか得ることができないこと、本人が一番知っていたのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談