掛軸 池上秀畝

掛軸 池上秀畝

池上秀畝

繊細で卓越した絵画技術で、より写実的な雰囲気の作品を生み出していった画家、掛軸買取 池上秀畝。自らの芸術だけでなく、後進への技術の伝承などに貢献した、日本美術界を代表する重鎮の1人です。そんな池上秀畝は、1874年に長野県の伊那市高遠町に生まれています。 祖父には休柳、父には秀花と二代画家という環境によって、芸術的な感覚が身についていきます。そもそも、父においは池上秀華も、岡本豊彦から四条派を学んでおり、祖父と全く同じく、俳句や短歌などを愛し、さらには、茶道や華道も嗜むという、何とも趣味三昧の日常を送っていたそうです。結果的に、池上秀畝はこういった環境に育っていったため、結果的に絵画への道に進むようになったそうです。さて、そんな池上秀畝なのですが、15歳で小学校を卒業しており、その後は本格的に絵画に没頭していくために、父と一緒に上京していることで知られています。 様々な絵師に教えを乞うことを試しましたが、父が気難しい性格だったのが、結果的にツテで荒木寛畝の最初の門人・内弟子となり文人画となります。そもそも、荒木自体当時は無名であった事から、大胆な挑戦でもありました。 そして、日本画、洋画など様々な絵画の基礎を身に着けて行き、結果的にこの荒木の画塾などの中心人物として育っていきます。より、新しく写実的で革命的な作風を作る池上秀畝は、こだわりが強く、1916年より3年連続で文展特選を受賞しているにも関わらず、1918年に同志と共に新結社締結。この文展審査に不満を示していき、文展改革をするのです。こういった精力的に日本の美術界を変化させようという姿勢は、当時の美術界の勢いを物語っています。素晴らしい賞を受賞し続けるだけなく、1933年には帝展審査員となったり、後進への育成にも力を入れました。この、池上秀畝の作品は掛軸買取においても非常に高く評価されており、多くのファンを有しています。父親譲りの頑固さとは裏腹に、軽やかで繊細な画風を追求し続けた日本画壇の池上秀畝。彼の生き様こと、芸術的なものだったのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ