掛軸 池田遥邨

掛軸 池田遥邨

池田遥邨

若くしてその才能を切り開き、日本画の世界に新風を巻き起こした画家、掛軸買取 池田遥邨。様々な秀作の数々は、現在での日本画の歴史に大きな影響を与え続けています。そんな、池田遥邨は岡山県浅口郡乙島村に生まれます。紡績会社の技師でもあった父親の影響により、幼い頃から、絵画への興味は強かったそうです。そして、父親の仕事の都合により、大阪市に転居します。幼少の頃から、その才能は周囲が驚くようなもので、若いながらも天才と歌われていた、大阪の松原三五郎の天彩画塾に入門しています。最小は洋画を学んでいたのですが、日に日にその才能を開花させていき、結果的に18歳という若さで第8回文展での水彩画「みなとの曇り日」が入選を果たしてしまうのです。この、受賞は日本美術界を震撼させ、新しい才能の出現に当時は盛り上がっていたそうです。幼い頃に描いた作品も多数あり、そのタッチは子供が描いたとは思えない、情緒溢れた作風で人気があります。さて、そんな池田遥邨なのですが、京都市に移り竹内栖鳳の画塾・竹杖会に入門。ここから日本画を学び始めて行きます。その同年ですが、第1回帝展に「南郷の八月」が入選をする快挙を成し遂げます。ただ、落選なども経験していき、一度は故郷の倉敷に帰郷し、画作研究に没頭する日々を送ります。 それから、多くの賞を受賞し続けます。1928年の第9回帝展では「雪の大阪」が特選、さらには、1930年の第11回帝展「烏城」も、特選を受賞していくことになるのです。結果的に文化功労賞も受賞し、倉敷市名誉市民として評されています。歌川広重に傾倒していたことは有名ですが、晩年に限っては、種田山頭火に傾倒しており、俳句モチーフの作品も多く生み出していたといいます。数々の画風を取り入れながらも、その独走的で天才的な作品を生み出す力というのは、彼が携えた素晴らしい宝物でしょう。さて、そんな池田遥邨の作品は掛軸買取においても、高い評価を受け続けています。天才と謳われながら、その期待を裏切ることなく結果を残し続けた池田遥邨。彼こそ、天才画家としての道を極めた、日本の重鎮だったのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ