【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 津田青楓

津田青楓

京都生まれであり、関西を代表する画家、掛軸買取 津田青楓。絵画だけではなく、夏目漱石との親交などにより、書や和歌なども研究していた芸術家としても知られています。そんな津田青楓は、1890年に、京都市の中京区押小路に生まれています。華道家で去風流家元の息子ということもあり、幼い頃から常に美的センスが磨かれる環境にあったとそうです。画家になることを志てからは、まず、四条派の升川友広の門を叩き、日本画を学んでいます。実家の関係もあって、京都市立染織学校に入学。しかし、絵画への道を諦めることは無く、より研磨を重ねて行くため、その後谷口香嶠に日本画を師事をし続けます。結果的に、京都市立染織学校卒業後は絵画への思いを絶つ事ができず、、関西美術院に入学。さらには、浅井忠と鹿子木孟郎に日本画や洋画を学んでいます。日々を過ごす中、チャンスが訪れたのは1907年。何と、農商務省海外練習生としてパリに留学しています。アカデミー・ジュリアンに入学しており、J・P・ローランスに教えを乞うています。3年後、日本に戻った津田青楓は、二科会創立に参加し活躍の場を広げて行きます。 しかし、まだまだ情勢が不安定だった国内で1933年に、小林多喜二への虐殺を主題にした「犠牲者」を描き、警察に検挙されるなど、波乱もありました。自由な表現がままならない中、結果的に二科展を脱退、その後は洋画では無く日本画に転向し、個展などを発表し続けていきます。独特の水墨画を中心に描いていった津田青楓ですが、まさにその作風も見事であり、洋画のテイストも取り入れている、非常に興味深い作品を多く残したのです。掛軸買取ではそんな画家としての、津田青楓作品のファンも多く、高価買取で取引されています。夏目漱石との親交も深く、書や和歌にも独特の世界観を見いだしていった津田青楓。常に新しい創造を追求していき、自らの作品への情熱を一時も失わない姿勢は、本物の芸術家の姿そのものだったのです。彼の功績は、まだまだ高く評価され続けることでしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談