【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 浜田観

浜田観

商業デザインに従事しながらも、自らの芸術を極めようと、日本画家へと転身して言った画家が掛軸買取 浜田観です。その独特の世界観とセンスを用いた作品の数々は、多くの人々を魅了し続けています。浜田観は、1898年に兵庫県で生まれています。本名は浜田仙太郎といいます。幼いころより、芸術に興味を持ち、様々な書物や絵画を読んでは過ごしてきたと言われています。大阪に出て、商業デザインの仕事をして生計を建てていくこととなります。そんな浜田観なのですが、商業デザインという仕事をしながらも、心の底には日本画という世界への憧れを強く抱いており、新しい世界へ踏み出したくて仕方なかったそうです。そのため、仕事の傍らではありますが、信濃橋洋画研究所に入所しては、画の基本的な技術を学び、将来へと繋げていったといいます。そして、その思いが日増し強くなった浜田観は、金島桂華の紹介で竹内栖鳳に師事をすることとなるのです。そして、本格的に絵画の道で行きて行くことを目指した浜田観は、京都市立絵画専門学校へと入学をします。絵画の基礎を学び、そして研鑽していく中で、より絵画の世界に魅せられていくこととなります。才能とセンスを持ち合わせていただけに、在学中の1933年に第14回帝展でなんと初入選を果たすことになるのです。これを機に、画家としての道が始ります。37歳とう遅咲きながら、京都市立絵画専門学校を卒業した同年には、文展で青穹賞を受賞。より、その名前を世に広げていきます。活躍の場を広げていった浜田観は、日本芸術院賞に選出され、さらには1974年に日本芸術院会員に就任するなど、美術界への貢献も話題となったのです。花鳥、そして鯉などを柔らかいタッチと幽玄的な世界観で表現をし続けた浜田観の作品は、装飾性の高い華やかな物が多いことでも話題となったのです。掛軸買取に関しても浜田観の作品はまだまだ高い需要があります。一度は社会に出てみたものの、心の奥に潜む絵画への憧れを捨てきれなかった浜田観。信じる道を歩き続けるということで夢を叶える、ということを体を成して教えてくれた芸術家だったのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店事前相談

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談