掛軸 渡辺省亭

掛軸 渡辺省亭

渡辺省亭

「四季花鳥図」に代表される、美しく繊細で洒脱な花鳥図を描き続けていた画家が、掛軸買取 渡辺省亭です。伝統を守り続けながらも、洋画のテイストを取り入れ、斬新で新しい作品を生み出し続けていたことでもしられています。渡辺省亭は、1851年に生まれます。代々秋田藩廻船問屋を務めていた吉川家の次男として、江戸神田佐久間町で育つ渡辺省亭ですが、父親は門人で和歌を嗜んでいたことで芸術に自然に関心を寄せます。13歳の頃には、牛込の質屋に奉公として出て行くのですが、幼少の頃より絵画が好きな分、絵ばかりを書いていたので、16歳の頃に容斎に師事したという経緯があります。順風満帆な絵画生活を送る予定だったのでしょうが、容斎の教えは非常に厳しいもので、入門してからは3年間は筆を持たせてもらえない日々が続いたということです。「書画一同也」という「書画一同也」の教えのもとで、渡辺省亭も日々血の滲むような努力を重ねて生きました。後の渡辺省亭を作ったのも、この厳しい修練に耐えたからと言われています。さて、渡辺省亭なのですが3年を過ぎた時には作品を描けるようになるのですが、一切口出しをしない放任主義となります。6年間、この場で学ぶ渡辺省亭は、その後に日本初の貿易会社・起立工商会社に就職を果たします。七宝工芸図案などを描き、その作品が数々の賞を受賞していきます。さらに、パリ万国博覧会では工芸図案銅牌を獲得します。その後には、日本画家としての初洋行留学も果たします。印象派に強い影響を受け、その帰国後には第二回勧業博覧会で「過雨秋叢図」を出品。妙技三等賞を獲得します。しかし、展覧会にはほぼ出品をせず、挿絵などをメインに活動を続けました。数々の名作を残しながらも一匹狼的な生き方を貫き、あまり画家の友人がいませんでした。外国からの評価が非常に高く、メトロポリタン美術館やボストン美術館、大英博物館など世界中の美術館で、渡辺省亭の作品は見ることができます。掛軸買取においても、貴重な渡辺省亭の作品は非常に高価買取となります。天才的な技巧を身に着けながら、我が道を突き進み続けた渡辺省亭。彼の描き出す日本画作品からは、どれも奇跡の芸術が見て取れるのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ