【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 猪飼嘯谷

猪飼嘯谷

独特の色使いと繊細なタッチで描かれる美しい歴史画を描く画家、掛軸買取 猪飼嘯谷。新進気鋭の画家としてももてはやされ、数々の秀作を生み出していった画家としても広く、知られています。そんな猪飼嘯谷ですが、1881年に京都に生まれています。 絵画での道を極めて行くために、猪飼嘯谷は先ず京都市美術工芸学校で絵画の基礎を学びます。後には、この京都市美術工芸学校で教鞭を振るうことになります。猪飼嘯谷の人生を変化させたのは、文人画の流派を組む四条派との出会いでした。 より自らの絵画に研磨を重ねていくために、谷口香嶠に師事をするのですが、ここでは、四条派を学んでおり、将来の猪飼嘯谷の作風を決定づけていく、大切な期間となったのです。1908年に第2回文展に出品した「閨愁」が入選。これ以降文展での活動を中心に行っていきます。猪飼嘯谷といえば、帝展には出品せずに、新文展に無鑑査出品するなど、とにかく文展での活躍が目覚ましかったことでも知られています。新しい歴史画を発表、研究するためにも私塾「青竹会」を主催。 より活動の場を広げて行くために、日本自由画壇にも属すなど積極的に活動も行っていました。しかし、結果的には1937年には脱会。以後は官展を中心に出展を重ねて行くことになっていきました。さて、そんな猪飼嘯谷なのですが、その歴史画には独特の感性が詰め込まれています。まず、その色使いでしょう。「八幡太郎義家」では、朝鮮王国を感じさせる、そんな伝統的な画風もありながら、どうも生き生きした全く新しい可能性を作りだした優しさにも溢れた作品にも見えるのが、不思議です。数々の歴史画を描き続けていた猪飼嘯谷の代表作は、「大正天皇大礼絵巻」に「御即位礼図」でしょう。宮内省の命、明治神宮聖徳記念絵画館壁画という、大きな仕事なども手掛けている、日本を代表する画家とだったのです。掛軸買取においても、猪飼嘯谷は非常に人気が高く、高価な価格で取引されています。歴史画という伝統を重んじるものであっても、自由な精神を見せてくれた猪飼嘯谷。彼の芸術は、まだまだ終わってはいないのではないでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店事前相談

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談