掛軸 田中以知庵

掛軸 田中以知庵

田中以知庵

自らの境地を見いだした風景画に、新しい日本画を描き続けた画家が、掛軸買取 田中以知庵です。心落ち着かせる、情緒溢れる雰囲気の自然を愛し、自らの芸術の信念を普段の生活から養っていきました。その伝統的でありながらも、独創的な作風は日本美術界に衝撃を与え続た重鎮です。そんな田中以知庵は、1896年に東京都の深川で生まれています。若い頃より画家としての道を決意しており、結果的に松本楓湖塾に入門します。同塾では、山水画を始めとした歴史画など、絵画を中心に勉強し、絵画の基礎を身に着けて行きました。また、当時同門だったのが、後の日本画壇として有名になる速水御舟だった言われ、親交も深かったといいます。さて、日常的な風景を描くことで知られている田中以知庵なのですが、中でも庭にあつまってきた動物に昆虫などを描くことが多かったようです。絵画の勉強を続けて行くうちにどんどんその魅力に取り憑かれていった、田中以知庵は南画の研究をより深めて行くために、朝鮮半島に向かったことでも知られている程です。より、風景というモチーフの中に真実を求めるようになっていった田中以知庵だけに、川崎の北部の自然の多い場所に移住を決め、日々制作を続けていきました。作品には人柄も出ているのか、不思議とどれも荒々しい表情では無く、心を落ち着かせてくれる美しいものが多いのが特徴です。何気ない日常の中に隠れている本当の美。そんなことを気がつかせてくれる作品が多いのも、田中以知庵の特徴なのかもしれません。そんな田中以知庵は、二hん美術界にも非常に貢献していることで知られます。春陽会会友に日本南画院同人、さらには日展審査員など、より新しい日本画の未来を常に目指していたのです。田中以知庵の作品は、掛軸買取においても非常に人気が高く、未だファンを多くもつ作家です。高価買取にもなるので、常々注目されています。慈愛の心と伝統、そして新しさを常に融合し続けた画家、田中以知庵。彼の目指した芸術こそ、真実だったのかもしれません。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ