【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 田中柏陰

田中柏陰

関西南画界の重鎮として活躍し、南画における数少ない後継者として名を知られているのが、掛軸買取 田中柏陰です。数々の作品は、優しく素朴な色使いと独特な雰囲気で描かれた南画が多く、その魅力に今も尚ファンが多い日本を代表する画家の1人です。さて、そんな田中柏陰なのですが、1866年に静岡県で生まれています。 静麓に孤立、柏舎主人、さらには空相居士など様々な雅号をもち、幅広く活躍をしていきました。若い頃より、画家としての人生を歩む決心をした田中柏陰は、17歳の若さで京都に上京しています。そこでは、南画の第一人者としても名が高かった、田能村直入の門下となります。私立南宗画学校に入門をし、日々研磨を重ねることで信頼を獲得、以後、この私立南宗画学校で後進の育成にも励むなど、その才能を認められていました。さて、この頃には田能村柏陰と名乗っていた事が知られています。 しかし、結婚を機会にその雅号も変更。妻の性であった田中を継ぐ事により、結果的に田中柏陰となり、山口県防府市右田に画塾を開くこととなります。もともと、妻の故郷であった山口県で画塾を開くことは挑戦でしたが、結果的にその人柄などで、数多くの弟子に囲まれ、とても充実した人生を送っていったのだそうです。 さて、彼の代表作でもある「水墨淡彩山水図」を見て行きましょう。荒々しい岩肌にうねる木々と家屋。南画の基本的な構図ではあるのですが、独特のタッチと世界観。そして、淡く繊細な色使いなどで、まさに田中柏陰の描く世界がバランス良く、表現されているのが見てわかります。 さらに、注目したいのが、その文字です。文人としても優れた才能を発揮した田中柏陰だけに、その達筆な筆遣いで描かれるも人は魅力をより上げています。勿論、そんな田中柏陰の作品は掛軸買取においても人気であり、高く評価をされています。南画の世界に入り込み、そして自らの独特の芸術へと昇華させていった画家、田中柏陰。彼の歩んだ、平凡ながら美しい人生こそ、真の美術家が目指すべき道なのかもしれません。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談