掛軸 田中頼璋

掛軸 田中頼璋

田中頼璋

写実的な山水画を多く描き、独特の世界観を切り開いていった画家、掛軸買取 田中頼璋。自らも素晴らしい作品を残していきながらも、後進の発展にも尽力した画家として知られています。1866年に島根県邑智郡市木村にうまれた田中頼璋は、実家が大庄屋だったことでも知られています。しかし、明治維新を境に実家の生計が苦しくなってしまい、画家という夢を持って上京する夢は絶たれてしまっています。しかし、どうにか好きな事で家族を助けていきたい田中頼璋は、旅絵師として活動をしていったのです。自らの稼いだ金は仕送り金として、長い期間行われて行ったそうです。画家になるという夢がありながらも、家庭の環境の影響で叶わなかった田中頼璋ですが、転機が訪れます。森寛齊の絵画に感銘を受けた田中自身、師事をするという余裕は無く、この作風を模写しながら、絵画の勉強に励んで行きました。そして、金銭的にも時間的に余裕が生まれた36歳の時分、田中頼璋は四条丸山派の大家・川端玉章に入門することが叶います。 しかし、当時は既に歳をしては一切若い事は無く、他の門下生などに遊ばれていた、という屈辱を受けていたとも言われています。しかし、他の門下生とは違い、絵画への情熱やその思いが強かった田中頼璋だけに、研磨を続けていきます。結果、巽画会審査員や日本画会評議員、帝展審査員など、日本画家として名誉ある賞や地位まで上り詰めていく事になるのです。 田中頼璋の描く作品の特徴は、とにかく写実的であり、見るものを魅了するところでしょう。「夏雲積翠図」など、木々と水しぶきが繊細なタッチで描かれており、見るものを圧倒します。「文人趣味と円山派の写実性の融合を目ざした」とまで言われるほどに、自らの芸術を成立することが、できた画家だったのです。そんな田中頼璋の作品は、掛軸買取においても非常に高い評価を得ています。苦難を乗り越え、様々な冷ややかな目にも背き大成していった逆境の画家、田中頼璋。彼の繊細な画風から、誰よりも芯の強い男だったということが伺え知れます。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ