【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 田島奈須美

田島奈須美

独創的であり、さらにはその妖艶な色使いやタッチで多くの人々を虜にしている画家、掛軸買取 田島奈須美。日展の評議員として活躍を続けており、日本美術界にも貢献を続けています。そんな田島奈須美は、1943年に神奈川県横浜市に生まれています。画家を目指すことになった時、まず田島奈須美は伊東万耀の門を叩きます。 絵画というものを一から学んでいき、結果的に徐々に洗練された作品を生み出すようになります。より、研磨を続けて行くために、次には深水塾に入塾をします。繊細なタッチと独創的な世界感で定評がある伊東深水の塾だったこともあり、ここで将来の作風を決めることなるキッカケとなります。美しく妖艶な作品を自らのものにしていった田島奈須美は、1966年の新日展に出品をします。結果、初入選を果たすこととなり、ここから画家、田島奈須美の人生が始ることとなりました、その後、奨励賞や日春賞を受賞するなど幅広く活躍を広げています。わらには、1969と70年の日展では、日展特選を受賞。名実共に画壇として名声を上げて行くことになったのです。さて、そんな田島奈須美なのですが、まだまだ絵画に研磨をかけたくなったのか、1972年には橋本明治に師事をします。自らが求める本当の芸術に少しでも近づいて行くため、日々の努力を怠ることは無かった、努力家としても名を広めて行きました。田島奈須美の作品のひとつ「パンジー」では、彼女の神髄を見る事ができます。茶、黄土を2色で切換える背景に、暗めの紫と黄、青を配すパンジーが花瓶に飾られている作品です。全体的に、マットなタッチでダークなのですが、何故か華やかで気品に溢れた作風に仕上がっています。独特な曲線、計算され尽くした色合い。全てが、田島奈須美の芸術性をより際立たせている秀作となっているのです。掛軸買取でも、田島奈須美の作品は人気です。高価買取な作品が数多く残されています。日展を中心に活躍をし、その世界観を全国に送り出す努力の女流作家、田島奈須美。これからの活躍も見逃すことはできそうにありません。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談