掛軸 田近竹邨

田近竹邨

大分県に生まれ、大分県ならず日本を代表する画家となった掛軸買取 田近竹邨。功名であり、写実的なその山水画に南画は今も尚、多くの人々を魅了し続けています。そんな、田近竹邨は大分県で国学者であった、田近陽一郎の息子ととして生まれます。幼少の頃から文学が好きで、自ずと絵画への興味を深めて行きます。 後に、大分県で活躍をしていた淵野桂僊に師事をし、絵画の基本を学び始めます。南画を始めに習うことにより、日本画の在り方を一から身に着けて行くことになります。自ら高い目標を立て、将来の画家となる決心をしていた田近竹邨は、この頃から芯の強さを持ち合わせていたのかもしれません。田近竹邨は、より絵画の技術に研磨をしていくために、京都に状況を果たします。京都画学校に入学をし、また基礎から絵画というものと向き合うことになるのです。在学中、また違った方面からのアプローチも需要であるということから、田能村直人にも師事をしており、しっかりと身を固めていきます。日々、尊敬をする師の元で絵画の技術を磨いて行く田近竹邨は、文展での活躍を続けることとなります。第2回文展から第8回までは連続受賞を続けて行くこととなり、日本を代表する画家として、名実共に有名になっていきます。より、南画の地位を向上させようと努力を続けた田近竹邨は、日本南画協会に参加しているだけでなく、日本南画院を結成。日本美術界における、南画の精神をより明確に現す活動を日々送ることとなっていったのです。繊細でありながら、力強く、描写力に優れたしなやかな作品群を生み出し続ける田近竹邨。池田桂仙に山田介堂と共に、京都南画の三元老とまで言われていたのです。南画を守るだけでなく、地位も向上させていく事を疎かにしなかった田近竹邨。抜群の存在感で何においてもリーダーシップを発揮した男だったと言います。そんな田近竹邨の作品は、掛軸買取においても非常に高い評価を受けています。これからも、死して尚、より大きな評価を受け続けて行く田近竹邨。彼の南画への気持こそ、芸術家が忘れてはいけない心だったのです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ