【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 石本正

石本正

掛軸画家 石本正は、1920年に生まれた日本の画家です。裸婦画など、人物などを多く描いており、その力強くも幻想的なタッチは、被写体の確信をより強く導くものとして高い評価を受け続けています。そんな、石本正は島根県の出身です。高校を卒業した後、絵画を本格的に学びたいと思った石本正は、京都市立絵画専門学校に入学しています。同校で、絵画の技術を研磨していた石本正ですが、時期的に中国に徴兵されています。ただし、この経験もありながら復員した後は、より絵画への情熱を燃やし、多くの作品を描き続けて行きます。19944年、遅くはなってしまいましたが、京都市立絵画専門学校を卒業することになります。その後、ついに第3回日展で「三人の少女」が初入選することになり、結果的に本格的に日本画家としての新しい生活が始まります。この入選をキッカケに、その後は2年連続で入選しています。徐々に実力を付けて行くなかで、現在の美術をより磨くために、活躍の場を創造美術に。その後の第3回創造美術展では「五条坂」と「踊り子」が、見事に入選することになります。その頃の絵画として、1951年に描かれた「旅への誘い」があります。数人の女性がタイトなタイツ姿で立っている作品ですが、石本正の放つ特有の青みかかった色彩使いと、少女達の憂いに満ちた顔のコントラストが絶妙です。さらに、差し色としてか黄色やピンクなどがアクセントになり、引き締まった印象に感じさせます。この後、1964年以降にはイタリアに赴く事が増え、結果的に中世イタリアに影響を受けたような作風で、数多くの作品を生み出し続けています。1971年には第3回日本芸術大賞し、第21回芸術選奨文部大臣賞を受賞したので最後、それ以降は自らの芸術に没頭して行くため、全ての賞を辞退するという、孤高の存在を極め続けています。未だ尚、美術における新世界を見ようとしている石本正。彼の目指す頂点は、まだまだ先にあるのでしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談