掛軸 福井爽人

掛軸 福井爽人

福井爽人

淡いタッチと繊細な筆遣い、見る者をその世界観に引きずり込む心象風景を描き続けた画家が、掛軸買取 福井爽人です。甘美でありながら、ふとした美しい情景を抑え、魅力的な世界感を生み出していきました。1937年に北海道旭川市で生まれた福井爽人。広大な敷地を持つ故郷で味わう美しい風景を見て育つことで、後の作風の基礎を作り上げていったと言われています。幼少の頃より絵画に興味を示し、数々の作品を描いては絵画を楽しんでいたと言います。そして、本格的に絵画の勉強をするために北海道から東京に上京、東京美術学校へと入学を果たします。基礎を学校で学んだ後には、より繊細で心を捉えた作品を描き続けるために、平山郁夫にへと師事をしていきます。徐々にその才能を伸ばしていった福井爽人は、1969年の院展に作品を出品、奨励賞を受賞することとなります。この奨励賞を皮切りに、福井爽人の作品は世に認められる事となり、結果的に数多くの賞を受賞していくことになるのです。さて、そんな福井爽人は師である平山のように、旅に出ることが非常に好きであったと言います。自分が知らない場所へ赴くことにより、自らの作品と冷静に向き合い、そして新しい作品を描き出してったのです。どこか、無愛想でありながら、人懐っこい人柄に皆が惹かれいき、その作風にもそんな雰囲気が宿ります。「花の下」では、牛とうつむく少年が描かれているのですが、その表情は哀愁漂うようにも感じ取られます。しかし、互いに信頼しあっているという、べつの側面でも取る事ができる、非常にリアリティあるモダンな作品です。幽玄的である色彩使いは勿論のこと、絶妙なバランス感で生まれる、構図の取り方などは唯一無二のものでしょう。また、後進の指導も請け負っており、美術界にも貢献をしていきます。掛軸買取においても、非常に高い評価を得ており、高価買取となっています。日本画の枠を超えた日本画を描き、高く評価をされ続けた画家、福井爽人。夢の夢を持ち続け、そしてその夢を絵画に閉じ込めたロマン溢れる生き方だったのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ