【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 福田平八郎

福田平八郎

日本画をモダンに描き上げ、独特の世界観を甘美に発信し続けた画家が掛軸買取 福田平八郎です。代表作でもある「蓮」は、昭和天皇と一緒に魚釣りした時の作品として貴重な作品として知られています。1892年に生まれた福田平八郎は、大分市に生まれます。文具屋に生まれた福田平八郎は、幼少の頃より絵画に興味を持っています。 県立中学校に上がることになるのですが、数学がとても苦手だったことで進級に失敗。そのために、1910年に京都市立絵画専門学校別科に入学することになります。このことで、絵画へより一層深く関わることとなり。京都市立美術工芸学校に入学をします。その後、絵画の研鑽を積み続けた福田平八郎は、1919年に第一回帝展で初入選を果たす事になります。この入選をキッカケに福田平八郎は数々の賞を受賞していくこととなります。第三回帝展に出品することとなる「鯉」では、特選を受賞するだけでなく、宮内省が買上という快挙を成し遂げます。写実力に優れていたことで、敢えて具象化をさせた現代的な作風となり、ポップでモダンな作品を描き続けます。当時の日本画では想像できないような、新しい角度から挑戦を続け、その結果誰にも真似のできることの無い、唯一無二の存在を生み出すこととなるのです。さて、現役の画家としても活躍を続けていく福田平八郎でしたが、美術界への貢献という面でも大きな功績を残します。1924年には活躍の場でもあった帝展で審査員を歴任、さらには京都市立絵画専門学校助教授として後進の指導にも当たり続けることとなるのです。とはいえ、その後も日本画の新しい在り方を追求するために、中村岳陵、山口蓬春らと六潮会に参加するなど精力的な活動を続けます。文化勲章受章、文化功労者、日展顧問と数多くの名誉ある賞を受賞し、日本美術界における重鎮として名を馳せて行ったのです。掛軸買取に関しても、福田平八郎は高価買取となります。素晴らしい作品を生み出すだけでなく、多くの後進をも美術界へ送り込んだ福田平八郎。彼の作品は、現代にも通じる何かが隠されているのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談