【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 福田豊四郎

福田豊四郎

郷土愛ある作風でありながら、どこかファンタジー性を持たせたロマンティックな作品を描き続けたのが、掛軸買取 福田豊四郎です。故郷を愛し続け、モチーフとしてより洗練させた雰囲気を生み出し続けたことでも知られています。さて、そんな福田豊四郎は、秋田県小坂町に生まれています。幼少の頃より絵画への興味を持ち、将来画家として生活していくことを夢見ます。17歳の時、絵画の世界を本格的に学ぶためにも京都へと上京。土田麦僊に師事しをしますが、大きな影響を与えたのは川端龍子の門人となった事でしょう。研鑽を積み上げていくことにより、日本画の新しい未来を見ようという感覚になっていきます。そのため、1934年に吉岡堅二や小松均らと「山樹社」を設立します。福田豊四郎自体、常に新しい日本画への挑戦に情熱を傾けていたため、こうした美術団体をいくつも渡り歩く事となります。「新日本画研究会」「新美術人協会」「創造美術」など、多くの場所を設立していきます。「新制作協会」の、日本画部「創画会」では、今も尚、新しい可能性を模索するために、精力的に活動が続けられているほどなのです。さて、そんな福田豊四郎なのですが、日本画に洋画風のタッチを取り入れています。さらには、そこにはファンタジー性を織り交ぜる新しいモチーフを描き合わせ、物語性のある深い作風となっています。「世界性に立脚した日本画の創造」をテーマに、故郷でもある秋田を中心に、未来の日本画を描き続けたのです。日本画に西洋の美術様式でもある、キュビズム、シュルレアリスムなどの技術を取り込み発信していった作品は、現代でも尚多くの人々の心を動かし続けているのです。さて、そんな福田豊四郎なのですが、掛軸買取に関しても非常に高い評価を受けています。高価買取になる作品も多数あり、年々価値は上がっています。郷土の風土に潜む、美しさだけでない夢物語。この世界観を生涯描き続け、我々に夢を与えてくれた男が、福田豊四郎だったのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談