【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 立石春美

立石春美

美しい美人画を多く描き、その繊細でありながら洋画的なタッチで話題となり続けた画家が、掛軸買取 立石春美です。日展を中心に活躍をしており、日本美術界にも高い貢献を続けていきました。そんな立石春美は1904年に佐賀県に生まれます。画家としての人生を歩むために、様々な努力を続けます。そして、人生を変化させるキッカケとなったのが、鏑木清方の知遇のおかげで、一番弟子の伊東深水に入門できたことでしょう。当時より、美人画の天才と謳われていた伊東深水から、直接手ほどきを受けることにより、美人画という美しも、力強い独特の世界感にのめり込んで行きます。さて、そんな立石春美なのですが、この伊東深水での修行を経た後には、何とすぐさま第11回帝展で初入選を果たすという快挙を成し遂げています。さらには、より研磨を続けて行くことにより、1951年には、第7回日展で、特選と朝倉賞を受賞をするなど、多くの功績を手に入れているのです。帝展や日展でもですが、新文展などでの活躍も良く知られています。より、大きい展覧会などへ出品を重ねていき、その実力を広く知らしめることになるのです。さて、そんな立石春美の作品なのですが、多くの絵画は美人画です。しかし、この美人画はまさに妖艶な部分と奥ゆかしい、日本的な美しさも併せ持っています。これは、師である伊東深水の影響が色濃くでている、ということがより分かる作風としても言われています。また、裸婦画なども下品な雰囲気は一切無く、むしろ美しく、衣類を身にまとっている時よりも、上品に映るのですから不思議です。勲四等瑞宝章受章なども受けており、晩年は神奈川県に移り住んだと言われています。そんな、立石春美には非常にファンも多く、とても親しみやすい美人画の名手としても知られています。だかこそ、掛軸買取においても、まだまだ人気は衰えず、常に高値で取引がなされています。天才、伊東深水の美人画をしっかりと受け継ぎながら、自らの芸術を高めて行った立石春美。彼の存在そのものが、芸術であったと言えるのではないでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談