掛軸 立石春美

立石春美

美しい美人画を多く描き、その繊細でありながら洋画的なタッチで話題となり続けた画家が、掛軸買取 立石春美です。日展を中心に活躍をしており、日本美術界にも高い貢献を続けていきました。そんな立石春美は1904年に佐賀県に生まれます。画家としての人生を歩むために、様々な努力を続けます。そして、人生を変化させるキッカケとなったのが、鏑木清方の知遇のおかげで、一番弟子の伊東深水に入門できたことでしょう。当時より、美人画の天才と謳われていた伊東深水から、直接手ほどきを受けることにより、美人画という美しも、力強い独特の世界感にのめり込んで行きます。さて、そんな立石春美なのですが、この伊東深水での修行を経た後には、何とすぐさま第11回帝展で初入選を果たすという快挙を成し遂げています。さらには、より研磨を続けて行くことにより、1951年には、第7回日展で、特選と朝倉賞を受賞をするなど、多くの功績を手に入れているのです。帝展や日展でもですが、新文展などでの活躍も良く知られています。より、大きい展覧会などへ出品を重ねていき、その実力を広く知らしめることになるのです。さて、そんな立石春美の作品なのですが、多くの絵画は美人画です。しかし、この美人画はまさに妖艶な部分と奥ゆかしい、日本的な美しさも併せ持っています。これは、師である伊東深水の影響が色濃くでている、ということがより分かる作風としても言われています。また、裸婦画なども下品な雰囲気は一切無く、むしろ美しく、衣類を身にまとっている時よりも、上品に映るのですから不思議です。勲四等瑞宝章受章なども受けており、晩年は神奈川県に移り住んだと言われています。そんな、立石春美には非常にファンも多く、とても親しみやすい美人画の名手としても知られています。だかこそ、掛軸買取においても、まだまだ人気は衰えず、常に高値で取引がなされています。天才、伊東深水の美人画をしっかりと受け継ぎながら、自らの芸術を高めて行った立石春美。彼の存在そのものが、芸術であったと言えるのではないでしょうか。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ